日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

ドーム型船台建設のための調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:3,472位 (19,285事業中)
成果物アクセス数:330
更新日 : 2019年10月12日

注目度とは?

団体名 日本中小型造船工業会
団体名ふりがな にほんちゅうこがたぞうせんこうぎょうかい
年度 1991年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥2,935,000
助成金額: ¥2,935,000
事業内容 本年度は、ヨーロッパに実在する屋根付船台の実態調査(フィンランドのマサ造船所及びドイツのマイヤー造船所)を行い、あわせてドーム型船台のイメージイラストを作成した。
(1) 調査員募集
調査員の募集を行った。
調査派遣予定期間:6月29日〜7月9日
募集人員:1名
(但し本補助事業の他に一般事業による調査員9名を加えて10名)
(2) 委員会の開催
@ 第1回委員会(5月23日)
 審議結果は次の通りである。
a. 調査日程・訪問先:6月29日〜7月9日の11日間の日程とし、ヘルシンキ市のマサ造船所(旧ワルチラ造船所)及びパーペンプルグ市のマイヤー造船所とした。
b. 調査項目   :総括、建設関係、土木関係の17項目について調査を実施することとし、各項目について審議した。
c. 調査員派遣  :6月29日〜7月9日(11日間)の日程で、調査員2名を派遣した。
第2回委員会(10月24日)
 欧州におけるドーム型船台の実態調査の資料について審議検討し、わが国におけるドーム型船台のイメージイラストについて検討した。
第3回委員会(12月11日)
 日本に導入する際のドーム型船台について審議検討し、イメージイラストの原案について検討した。
第4回委員会(3月5日)
 日本におけるドーム型船台について審議検討し、納品されたイメージイラストについて最終確認した。
(3) ドーム型船台のイメージイラスト作成
 我が国に導入する際のドーム型船台のイメージイラストを実態調査結果をもとに、日産建設(株)に発注し、作成した。
成果物 「ドーム型船台建設のための調査研究」の報告書
備考