日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(12月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

海洋情報の提供体制に関する調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:4,564位 (19,314事業中)
成果物アクセス数:182
更新日 : 2019年12月14日

注目度とは?

団体名 日本水路協会
団体名ふりがな にほんすいろきょうかい
年度 1990年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥3,283,000
助成金額: ¥3,283,000
事業内容 (1) ハードウエアの整備
 海上保安庁水路部のコンピュータシステムと効果的なネットワークを構築できる下記のパーソナルコンピュータ他1式を整備した。
@ 中央処理装置 NEC PC-9801RA51     1台
本体、キーボード、ハードディスク、カラーディスプレイ、数値演算プロセッサ、3.5インチFDD、デスクを含む
A プリンタ キャノンLBP-B406Sデスク付  1台
B プロッタ グラフテックFP6301R-51    1台
C 付属ソフトウエア            1式
フォートランコンパイラ、PC-PALスーパー、一太郎
(2) ソフトウエアの整備
 (1)で使用するため、需要の多い下記の計算及び作図の既存プログラムの改造、変換及び作成を行った。
@ 潮汐推算プログラム
 毎時及び高・低潮時の潮高値を指定場所、期間について計算し、表示及び出力ができる。入力する分潮数は最大60までとした。
A 潮流推算プログラム
 指定場所、期間の最強時、転流時について計算し、表示及び出力ができる。入力する分潮数は最大10までとした。
B 作図プログラム
 @、Aの各プログラムにより出力されたデータをプロッタの自動作図できるプログラムを作成した。
成果物 「海洋情報の提供体制に関する調査研究」の報告書
備考