日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(2月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

海中作業船システムの開発研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:5,195位 (20,934事業中)
成果物アクセス数:217
更新日 : 2023年1月28日

注目度とは?

団体名 日本作業船協会
団体名ふりがな にほんさぎょうせんきょうかい
年度 1990年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥13,285,000
助成金額: ¥13,285,000
事業内容 <M系列を用いた水中測位システムの開発研究〉
 平成2年度は、M系列を用いた水中測位システムの実験装置の一部を試作して、実験装置を完成した。
 実海域実験については、実験場所を選定するとともに、実験方案を作成し、これをもとに実験を実施し、その結果を解析・評価した。
(1) 基準局(1基)の試作
 平成元年度に設計・試作したものと同一の基準局1基を試作し、実験システムを完成した。
(2) 実海域実験方案の作成
 平成元年度においては、実験方法として「スパッド台船」方式を提案した。しかしながら、スパッド台船を長期間にわたり岸壁近辺の海域にとどめておくことは、海上交通及び漁業障害等のため困難であること判明した。そこで、実海域実験は、台船を使わず既存の岸壁を利用して行うこととした。
 実験項目は、安定度及び精度確認試験、分解能確認試験及び測位能力確認試験の3項目とし、指令局と基準局間の距離HL、指令局の受波器間距離l1及び基準局と海中作業船相当の基準局間の距離l2をパラメータとして実験方案を作成した。
 実験ケースは、上記3項目で14ケースである。
(3) 実海域実験
 実験海域として横須賀新港地区を選定した。この地区は岸壁延長400m、前面水深-10mが確保できる。
 実験期間は、データ収録期間を含め、12日間とした。
 測定データは、3個のスラントレンジ及びそれらから求められる海中作業船位置X,D,Lがリアルタイムに収録される。
X:指令局からみた作業船の水平方向位置
D:指令局からみた作業船の垂直方向位置
L:指令局からみた作業船のスラントレンジ
@ 安定度及び精度確認試験 (文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「海中作業船システムの開発研究」の報告書
備考    

  • サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログがスタート!

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
Copyright(C)The Nippon Foundation

痛みも、希望も、未来も、共に。