日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(8月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

中型造船業経営戦略化構造改善

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:6,504位 (19,258事業中)
成果物アクセス数:94
更新日 : 2019年8月24日

注目度とは?

団体名 日本中小型造船工業会
団体名ふりがな にほんちゅうこがたぞうせんこうぎょうかい
年度 1990年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥8,901,000
助成金額: ¥8,901,000
事業内容 本年度は、近促法に定められた5カ年継続事業の第4年度にあたり、次の項目を実施した。
(1) 構造改善計画の推進指導
@ 構造改善計画の推進指導
 公認会計士 柿島勝氏とともに北海道(室蘭)地区、四国・中国(伯方、因島、向島、常石)地区を訪問し、現地の構造改善参加企業6社に対し、個別企業の近代化、経営の多角化、設備の改善について、また、グループの近代化、集約化について懇談指導した。
A 電算化推進指導
 日本マリンエンジニアリング(株)小野任氏とともに四国・中国(今治、呉)地区を訪問し、コンピュータリゼーション事業参加企業15社に対し、昨年度に作成した「馬力推定計算プログラムVer.89」及び「重量重心トリム計算Ver.89」の使用に必要な知識、入力データ作成方法、プログラム取扱い方法を座学及び実習により指導した。
(2) 共同マーケッティング事業の推進
 構造改善推進委員会において、船舶カルテの作成、概要設計支援ツールの作成、危険物及び積載要件リストの作成について、書面による調査を行い、これらをデータベースとして運用するための研究報告書にとりまとめた。
(3) コンピュータリゼーション事業の推進
 コンピュータリゼーション委員会において、「縦強度計算プログラムVer.90」及び「乾舷計算プログラムVer.90」を開発し、同取扱い説明書も併せて作成した。
(4) 構造改善計画の承認申請
 近促法の定めるところにより、構造改善推進委員会及び近代化地区推進委員会において
@ 平成3年度構造改善計画書
A 平成2年度構造改善実施状況
をとりまとめ、印刷した。
成果物 「中型造船業経営戦略化構造改善」の報告書
備考