日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(8月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

国際統計に関する調査及び普及啓蒙

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:5,493位 (19,706事業中)
成果物アクセス数:138
更新日 : 2020年8月15日

注目度とは?

団体名 全国統計協会連合会
団体名ふりがな ぜんこくとうけいきょうかいれんごうかい
年度 1990年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥13,000,000
助成金額: ¥13,000,000
事業内容 (1) 国際統計に関する調査研究
@ 実施方法
a. 前年度に引続き当会に学識経験者を中心とする調査研究委員会を設置し、サービス業及び国際統計基準(分類)の現状を問題の検討を行った。研究委員会の開催状況は以下のとおり。
平成2年 6月 7日 第1回委員会  @ 本年度事業計画につき検討
A 平成元年度サービス業基本調査について検討
7月12日 第2回委員会  日米のサービス統計の現状及び課題につき検討
9月 6日 第3回委員会  サービス統計のあり方について検討
10月25日 第4回委員会  レポート執筆分担の検討
12月 6日 第5回委員会  各委員レポート作成上の問題点の検討
平成3年 2月27日 第6回委員会  同上 最終調整
b. 国内及び諸外国の関係資料の分析、翻訳等を行うため、専門的事業を行っている?鞄搆v情報センターに調査研究委託を行った。
c. 本事業は、平成元年度と平成2年度の2年間の継続事業であり、平成2年度に結果報告書を作成した。
(2) 統計グラフ全国コンクール
 統計思想の普及啓蒙及び統計表現技術の研さんに資するため、「統計グラフ全国コンクール」を次のように実施した。
@ 募集及び審査
 都道府県を通じ全国的に統計グラフ作品を募集した。その結果、78,820点の応募があった。このうち、都道府県における地方審査をパスした作品759点が中央審査の対象となった。759点のうち、第二次審査で更に検討を加え、149点を最終審査に回し、その外に、努力賞5点奨励賞16点を決めた。最終審査においては、第1部〜第5部及びパソコン統計グラフの部まで計149点の中から、57点を選抜して入選(文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「国際統計に関する調査及び普及啓蒙」の報告書
備考