日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(8月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

笑いの文化づくり

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:4,739位 (19,258事業中)
成果物アクセス数:165
更新日 : 2019年8月24日

注目度とは?

団体名 日本喜劇人協会
団体名ふりがな にほんきげきじんきょうかい
年度 1990年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥21,200,000
助成金額: ¥21,200,000
事業内容 (1) 第四回笑いの文化づくり
@ 日時   平成2年5月18日
A 場所   尼崎市総合文化センターアルカイックホール
B 出演者  芸能人等33名
C 参加者  心身障害児者、交通遺児  約850名
一般           約750名
D 内容   日頃笑いの芸能文化に親しむ機会の少ない、又笑いの環境を作れない一般社会の人達、心身障害児者、交通遺児達の参加によって第四回笑いの文化づくり事業を開催した。ミッキーマウス、ミニーマウス、協会員と参加者(心身障害児者、交通遺児、一般の人達)のふれあい、協会員によるマジックショーにより、心身障害児者、交通遺児と一般の人達が共に笑い、共に楽しみ、共に参加し、笑いの芸能文化活動をもって社会福祉に活用し、笑いの文化、笑いの環境を与えると共に一般社会の人達と、心身障害児者、交通遺児との交流を深めた。
(2) 第五回笑いの文化づくり
@ 日時   平成2年9月23日
A 場所   京都府立勤労会館
B 出演者  芸能人等33名
C 参加者  心身障害児者、交通遺児  約1,200名
一般           約1,200名
D 内容   日頃笑いの芸能文化に親しむ機会の少ない、又笑いの環境を作れない一般社会の人達、心身障害児者、交通遺児達の参加によって第五回笑いの文化づくり事業を開催した。ミッキーマウス、ミニーマウス、協会員と参加者(心身障害者、交通遺児、一般の人達)のふれあい、協会員による芝居等により、心身障害児者、交通遺児と一般の人達が共に笑い、共に楽しみ、共に参加し、笑いの芸能文化活動をもって社会福祉に活用し、笑いの(文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「笑いの文化づくり」の報告書
備考