日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

船舶の電気装備技術の向上に関する調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:5,331位 (18,811事業中)
成果物アクセス数:128
更新日 : 2018年9月22日

注目度とは?

団体名 日本船舶電装協会
団体名ふりがな にほんせんぱくでんそうきょうかい
年度 1989年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥7,098,000
助成金額: ¥7,098,000
事業内容 (1) 船舶に最適な光応用装備技術に関する調査研究
@ 陸上実験
 光ファイバケーブルの各種の融着接続方法及びコネクター接続方法についての陸上実験を行った。
 なお、陸上実験期間中に延4回にわたり委員、職員が参画し、接続方法の状況等を確認した。
a. 実験内容
(a) 融着接続試験
 供試用コードとして長さ50mの光ファイバコードを用意し、これの片端を光源につながったダミーファイバーに融着接続し、反対の端はパワーメータに接続して基準光量とした。試験は供試用コードの中央を切断し、再びこれを融着接続して、このときの作業時間と接続損失を計測した。
(b) コネクタ接続(石英系)試験
 供試用コードとして長さ2mの光ファイバコードを用意し、2人の作業員が別々にその両端にコネクタを組み立て、コネクタの組み上がる全工程の作業時間と接続損失を測定した。
(c) コネクタ接続(プラスチッククラッド)試験
 (b)項と同様の方法で試験を行った。
(d) コネクタ接続(全プラスチック系)試験
 供試用コードとして長さ3mの光ファイバコードを用意し、一人の作業員がこれの中央を切断して、切断箇所にそれぞれ同じコネクタを取り付け、2つのコネクタの組み上がる全工程の作業時間と接続損失を測定した。
b. 実験立会
立会者
 
実験立会日 委員 職員
  1回目 平成元年5月11日 1名 1名
  2〃  〃  5月12日 〃 〃
  3〃  〃  5月15日 〃 〃
  4〃  〃  5月16日 〃 〃
実験実施場所 船舶艤装品研究所

A 「船用光ファイバケーブル標準仕様」、「船用光ファイバケーブル装備作業標準」及び「 (文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「船舶の電気装備技術の向上に関する調査研究」の報告書
備考