日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(6月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

舶用工業の構造調整対策の調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:6,342位 (19,198事業中)
成果物アクセス数:98
更新日 : 2019年6月8日

注目度とは?

団体名 日本舶用工業会
団体名ふりがな にほんはくようこうぎょうかい
年度 1989年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥4,708,000
助成金額: ¥4,708,000
事業内容 (1) 構造調整対策を必要とする業種の選定
 関係統計資料、業界の実態等を基に構造調整対策のモデルケースとしてポンプ業界を選定した。
(2) 需要予測作業の実施
 ボイラ、空気圧縮機、熱交換器を対象に次のとおり実施した。
@ 需要動向分析
 上記対象機器について1984、1985、1986、1987、1988年の需要量実績を分析
A 原単位分析
 上記対象機器について外航船、内航船、漁船の船種、船型別標準搭載量を分析
B 輸出入量分析
 上記対象機器について1984、1985、1986、1987、1988年の実績及び今後の動向を分析
C 需要予測
 上記対象機器について昨年度予測した船舶建造量と上記Aによる内需、上記Bによる輸出入量より1990、1995、2000年の需要量を予測
(3) 構造調整対策の検討
 需要予測結果及び製品別の詳細な販売実績等を基にポンプ業界をモデルケースに構造調整対策としての生産の分業化及び資材部品の共同化構想の推進方策を検討した。
(4) 報告書の作成
@ 規格   B5版オフセット印刷88頁
A 部数   300部
B 配布先  委員27、会員220、官庁団体30、その他23
成果物 「舶用工業の構造調整対策の調査研究」の報告書
備考