日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(12月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

運輸関係プロジェクトの予備調査

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:4,013位 (19,313事業中)
成果物アクセス数:238
更新日 : 2019年12月7日

注目度とは?

団体名 海外運輸協力協会
団体名ふりがな かいがいうんゆきょうりょくきょうかい
年度 1989年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥9,202,000
助成金額: ¥9,202,000
事業内容 本年度実施した「運輸関係プロジェクトの予備調査」は、世界の発展途上国のうちアジア・大洋州地域4件、中近東・アフリカ地域1件の計5件で、日数は82日、人数は14人であり、その調査項目は、現地調査、経済調査、関係機関との調整及び資料収集等で次により行った。
(1) タイ国陸運局業務開発計画予備調査
@ 調査国  タイ国
A 調査員  ○ 本村 雄一郎  当協会嘱託
吉江 泰一     〃
森田 欣也     〃
山本 宏      〃
古井 恒      〃
B 調査日数  平成元年5月28日〜6月11日(15日間)
C 調査結果の概要
 タイ国の首都であるバンコク市は人口約600万人を有し、またモータリゼーションの影響で都市交通による公害問題が発生しており、車輛登録業務、車輛検査業務、運転免許業務の不備が、その起因となっていることが判明した。
 その結果、タイ国側から日本政府に技術協力を要請する事項についてその具体化を図るため、車輛登録業務等各業務の実施について技術的な助言を行うこと等、タイ国の運輸交通問題の解決に大きな布石となった。
D 報告書の作成  部数   150部
配布先  会員、関係官庁、国内関係機関、相手国政府及び在外公館等その他
(2) フィリピン国ビサイヤ海水路測量及び海図整備計画予備調査
@ 調査国   フィリピン国
A 調査員   ○ 野田 家宏  当協会嘱託
今吉 文吉    〃
B 調査日数  平成元年8月15日〜8月26日(12日間)
C 調査結果の概要
 本調査により、フィリピン政府は現在同国の経済の活性化に対応するため内航船のRO-R0化(文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「運輸関係プロジェクトの予備調査」の報告書
備考