日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

高度自動運航システムの研究開発

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:3,746位 (19,275事業中)
成果物アクセス数:276
更新日 : 2019年9月14日

注目度とは?

団体名 日本造船研究協会
団体名ふりがな にほんぞうせんけんきゅうきょうかい
年度 1987年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥704,224,000
助成金額: ¥704,224,000
事業内容 (1) 最適自動運航システムの研究開発
@ 海象気象状態監視評価システム
a. 海象気象状態監視評価システムの開発
(a) 船体応答による波浪推定技術の開発
 船体運動以外の情報として、波の主方向を使用した場合、及び船体運動スペクトラムの高次のモーメントを使用した場合の波浪推定法について、検討を行い、波浪推定計算プログラムの改良を行った。
 これらの波浪推定計算プログラムによって一連の波浪推定計算を行った。
 (担当:三井)
(b) 低気圧モデルによる波浪予測技術の開発
 低気圧モデルによる波浪予測技術においては、昨年度に引き続き低気圧モデルの作成を行った。
 昨年度分類の困難であった特殊な低気圧の分類方法を開発し、モデル化を行うことが出来た。
 このモデルを用いる狭域波浪予測システムのプログラム化を行った。
 一方、船内海気象状態監視装置の全体システム仕様の取りまとめを行った。
 (担当:三井、石播、住重、日立、鋼管)
(c) 総合シミュレーション準備
 総合シミュレーションのための表示画面の設計を行い、作成したプログラムを用いて海象気象状態の単独システムのシミュレーションを行った。
 (担当:三井)
A 船体状態監視評価・姿勢制御システム
a. 船体状態監視と姿勢制御に関する自動システムの開発
(a) 船体状態監視・評価システムシミュレータ試作
 船体状態監視・評価システムのシミュレータを試作し、海象・気象予測の情報と同時に船体状態監視センサーからのリアルタイム情報を入れてシミュレーションを行い、長短期の船体応答の予測評価を行うシステム・装置を検証 (文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「高度自動運航システムの研究開発」の報告書
備考