日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

海洋構造物の疲労設計法および溶接部の品質に関する研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:2,251位 (19,279事業中)
成果物アクセス数:986
更新日 : 2019年9月21日

注目度とは?

団体名 日本造船研究協会
団体名ふりがな にほんぞうせんけんきゅうきょうかい
年度 1987年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥20,927,000
助成金額: ¥20,927,000
事業内容 (1) 海洋構造物の疲労設計法に関する研究
@ 各種溶接継手に対する合理的な疲労強度評価法の検討
 本年度は、海洋構造物の重要なブレース仕口等を対象としたブラケット継手の試験を実施した。モデルの種類は、A;通常の船で用いられる型、B;Aの止端部をソフトにした型、C;Bの止端の溶接をドレスした型、D;DNV要求のフルペネ溶接と止端をドレスした型、についてそれぞれ3体ずつ(計12体)の疲労試験を実施し、溶接止端部形状と応力集中係数の算定、疲労き裂長さの測定、破断寿命の測定、応力分布計測及び接上端部近傍の応力を計測し、また、有限要素法による応力解析等を行い、S-N線図作成の基礎データを得た。
(担当:三菱重工業、石川島播磨重工業)
A 疲労強度に対する板厚効果の合理的評価法の検討
 疲労強度に及ぼす板厚効果を調べるため昨年度に引続き疲労試験(シリーズは次表のとおり)を行った。本年度はシリーズAC2(板厚22、40、80mm)、シリーズPC1、PT1(板厚22、40mm)、シリーズGC1、GT1(板厚22mm)の疲労試験を行った。昨年度のAC1、AT1シリーズ(溶接まま継手)は溶接付加物寸法(リブ板厚さ、溶接脚長)を主板厚に比例させたが、シリーズAC2では付加物寸法を主板厚に関係なく一定とした。これにより溶接付加物寸法が板厚効果に及ぼす影響を調べた。溶接部形状を改良した継手(PC1、PT1、GC1、GT1シリーズ)では溶接止端部応力集中係数が2となるように処理し、応力集中係数のコントロールが板厚効果に及ぼす影響を調べた。鋼板はYP36キロ鋼(TMCP鋼)であり、リブ十字継手、T字継手ともに非荷重伝達型の隅肉溶接である。
 板厚効果の (文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「海洋構造物の疲労設計法および溶接部の品質に関する研究」の報告書
備考