日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

船尾形状設計法(粘性流場)に関する研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:1,865位 (19,275事業中)
成果物アクセス数:1,554
更新日 : 2019年9月14日

注目度とは?

団体名 日本造船研究協会
団体名ふりがな にほんぞうせんけんきゅうきょうかい
年度 1986年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥27,021,000
助成金額: ¥27,021,000
事業内容 研究に際しては、過去の研究との関連を重視し、また、粘性流場が主眼であることを考慮し、低速肥大船の典型としてSR98の母型(23万重量トンタンカー)の船尾をタイプシップに選び、低回転大直径プロペラを採用するためプロペラ付近の形状を若干変更したものを母型(SR196-A)とした。後はこれをベースに、理論解析結果を援用しながら船型変化のシリーズを定め、フレームラインシリーズ4隻(A、B、C、S)とCpカーブシリーズ5隻(D、E、F、G、H)の船型を研究対象船に定め、これらについて実験、理論解析・計算を次のとおり実施した。ただし、D、E、Fの3隻は実験していない。
(1) 設計手法の検討
@ 三次元境界層理論及び実験データによる粘性抵抗推定法の精度向上の検討
 3次元乱流境界層理論を船体まわりの粘性流の解法に応用し、粘性抵抗、後半部境界層流れ、そして粘性伴流を推定する手法について検討した。
 境界層近似の最も重要な結果の一つは、壁面から法線方向に圧力が変化しないこと、すなわち外部の圧力が層内に直接伝わることである。したがって、船体まわりのポテンシャル流れの圧力分布、流速分布が船体まわりの3次元境界層の発達を支配することになる。流線方向の逆圧力勾配や流線の縮少効果は運動量厚さの増大、そして抵抗の増加をもたらす。また、流線に直角な方向(大略ガース方向)の圧力勾配は流線のねじれを生じ、その結果、層内2次流れの発生、縦渦の発達、そして抵抗増加の要因となる。船体まわりの境界層計算の目的は、外部ポテンシャル流れの特性も含めて、粘性流れのこれらの諸量を量的に明らかにすることであり、またそ (文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「船尾形状設計法(粘性流場)に関する研究」の報告書
備考