日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(7月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

中小型船海外市場開拓

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:4,114位 (19,229事業中)
成果物アクセス数:222
更新日 : 2019年7月13日

注目度とは?

団体名 日本中小型造船工業会
団体名ふりがな にほんちゅうこがたぞうせんこうぎょうかい
年度 1986年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥5,420,000
助成金額: ¥5,420,000
事業内容 (1) 輸出船市場調査研究
@ 調査対象エリア
エリア18  セネガル、モーリタニア、カナリー諸島、リベリア、ガーナ、ナイジェリア
エリア19  シェラレオーネ、コートジボアール、ギニア
エリア20  スーダン、ケニア、タンザニア、南アフリカ共和国、マダガスカル
A 調査研究項目
(a) 一般事情(政治、経済、産業、貿易)
(b) 海運事情(一般事情、船主の実態とその保有船舶、海外荷動需要の現状、海運政策)
(c) 船舶事情(船舶保有量、船腹需要、船腹拡充計画)
(d) 漁業事情(漁業の実態、漁船保有状況、漁業開発計画、漁船拡充計画)
(e) 造船事情(造船所の実態、建造能力、造船政策)
(f) 港湾事情(含、開発計画)
(g) わが国からの輸出実績及び輸出対策
(h) 評価
B 調査概要
 今回調査研究を行ったエリア18、19および20の14カ国は、リベリア、南アフリカ共和国、カナリー諸島を除いて発展途上国である。
 先ずリベリアは、同国に登録されている船舶の殆どが外国系船主の便宜置籍船であり、同国自体の船舶需要については期待できない。
 また、南アフリカ共和国は海運力の増強に努めており、ある程度の船舶需要が見込まれるが、同国のアパルトヘイト政策により政情が不安であり、ここ当分輸出市場として期待できず、カナリー諸島はスペインの一州であり、その海運業もスペインが支配しており市場として考えられない。
 残り11カ国(発展途上国)のうち、ナイジェリアは往年その豊富な鉱物資源により比較的経済事情も安定しており、政府も海運力の増強・近代化に努めていたため船舶需要も活発であったが、世界的(文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「中小型船海外市場開拓」の報告書
備考