日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(8月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

統計思想の普及啓蒙

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:5,850位 (19,706事業中)
成果物アクセス数:124
更新日 : 2020年8月15日

注目度とは?

団体名 全国統計協会連合会
団体名ふりがな ぜんこくとうけいきょうかいれんごうかい
年度 1986年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥5,500,000
助成金額: ¥5,500,000
事業内容 統計思想の普及啓蒙及び統計表現技術の研さんに資するため、「統計グラフ全国コンクール」を次のように実施した。
(1) 募集及び審査
 都道府県を通じ全国的に統計グラフ作品を募集した。その結果、78,029点の応募があった。このうち、都道府県における地力審査をパスした作品702点が中央審査の対象となった。702点のうち、第2次審査で更に検討を加え、127点を最終審査に回し、その外に、努力賞15点、奨励賞26点を決めた。最終審査においては、第1部〜第5部まで計127点の中から52点を選抜して入選作品とし、各部門において各1点を特選と決めた。
(2) 入選作品の表彰
 第37回全国統計大会(於、大分県別府市)において入選作品を発表し表彰式を実施した。(昭和61年10月31日)
イ 小学校低学年の部  入選10点のうち特選1点
ロ 小学校高学年の部         〃
ハ 中学校の部     入選11点   〃
ニ 高等学校の部           〃
ホ 大学及び一般の部  入選10点   〃
(3) 入選作品の展示会の開催
 昭和61年10月18日(土)〜10月22(水)まで、第34回統計グラフ全国コンクール入選作品展を、サンシャイン60、B1で開催した。
 次いで昭和61年10月31日(金)第37回全国統計大会会場(大分県別府市杉乃井ホテル)において展示し、全国から参加した統計関係者、一般市民の観覧に供した。
 鹿児島、佐賀、北海道、大阪、岐阜等の順で、各県の県民会館等で展示会を開催中である。また、昭和62年9月7日〜16日開催の国際統計協会第46回東京大会(於、全日空ホテル)の会場においても展示する予定である。
(4) 入(文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「統計思想の普及啓蒙」の報告書
備考