日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(7月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

海上防災の調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:3,107位 (19,229事業中)
成果物アクセス数:426
更新日 : 2019年7月13日

注目度とは?

団体名 海上災害防止センター
団体名ふりがな かいじょうさいがいぼうしせんたー
年度 1985年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥28,301,000
助成金額: ¥28,301,000
事業内容 (1) 有害危険物等の防除技術に関する調査研究
@ 有害液体危険物質の防除技術に関する調査研究
a. 水中における拡散挙動実験の実施
 沈降性物質について、次の水槽実験を行った。
(a) 沈降拡散実験
イ. 実験項目
沈降速度、沈降拡散の状況及び拡散範囲の解析
ロ. 実験対象物質
水酸化ナトリウム、塩酸、酢酸、塩化カルシウム、グリセリン、クレゾール、1-2ジクロロエタン、トリクロロエチレン、四塩化炭素、クレオソート(木炭系)、エチレングリコールジアセテート、パークロロエチレン
(b) 水中溶解実験
イ. 実験項目
溶解速度及び物質の経時変化の解析
ロ. 実験対象物質
(溶解速度)クレゾール、1-2ジクロロエタン、トリクロロエチレン、四塩化炭素、クレオソート、エチレングリコールジアセテート、パークロロエチレン
(経時変化)クレオソート、エチレングリコールジアセテート、パークロロエチレン
b. 沈降性物質の防除法及び防除資機材の検討
 水中に沈降する物質の防除処理について、回収機器・検知器等資機材の有効性を検討し、これらの資機材を用いた基本的防除法を決定した。また、合わせて浮遊性物質に対して行った防除資機材の有効性評価のうち、油処理剤及び油ゲル化剤について、実験方法を変え、再度有効性評価を行った。
c. 海中拡散漂流性物質の防除法及び防除資機材の検討
 挙動に関する水槽実験から拡散漂流性物質について拡散希釈の範囲、中和処理の適否、沈降剤使用の適否等を検討し、基本的な防除法を決定した。また、水面浮遊時における油ゲル化剤の有効性評価について一覧表を作成した。
(文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「海上防災の調査研究」の報告書
備考