日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(7月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

音響による海底地質判別装置の研究開発

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:4,593位 (19,229事業中)
成果物アクセス数:175
更新日 : 2019年7月13日

注目度とは?

団体名 日本水路協会
団体名ふりがな にほんすいろきょうかい
年度 1985年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥5,397,000
助成金額: ¥5,397,000
事業内容 (1) 海上実験
 伊勢湾において底質種別の異なる地点24ケ所を選定し、ピストンコアラーによって海底下4〜5mまでの海底地質を採取するとともに、3KHz、12KHzの周波数からなる送受波器を使用して海底地質の採取地点と同一の音響反射データを収録した。
 実施期日  昭和60年6月7日〜6月12日
(2) 海底地質データの分析と試験
 海上実験で得られた海底地質データにより地質構成要素である次に示す5項目について分析及び土質試験を実施した。
a. 粒度分析
b. 比重試験
c. 温潤密度試験
d. 含水比試験
e. 弾性波伝播速度試験
(3) 音響データと海底地質情報との相関についての解析
 海上実験で得られた音響反射データはアナログデータであるので、コンピュータ解析に使用するA/D変換を行い、収録データの振幅出力、高遠フーリエ変換による周波数解析及び反射に対する減衰解析を実施した。
 このコンピュータ解析をした音響データと海底地質試験データをパラメーターに分け、海底表層地質及び海底下4〜5mの地質の数量的判別可能牲について相関解析を実施した。
成果物 「音響による海底地質判別装置の研究開発」の報告書
備考