日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(7月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

海洋情報統合ファイルの研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:7,839位 (19,229事業中)
成果物アクセス数:68
更新日 : 2019年7月13日

注目度とは?

団体名 日本水路協会
団体名ふりがな にほんすいろきょうかい
年度 1985年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥7,281,000
助成金額: ¥7,281,000
事業内容 (1) 社会情報整備に関する検討
a. 整備対象項目の撰択
 ニーズの高い情報項目及びニーズに対応できるシーズ側条件把握のため、海上保安庁水路部の「海の相談室」での問合せ状況や各種機関の文献等により調査して、整備を行うべき項目を選んだ。
b. メッシュ及び海域の研究
 沿岸情報ファイルの統合、利用に関し、最適なサイズのメッシュ及び海域の分割について検討した。
c. 情報項目の細分類の研究
 整備対象情報項目のそれぞれについての属性を研究した。
(2) ファイル化の研究
 整備対象情報項目から構成される構成される統合ファイルのイメージを明らかにし、統合ファイル管理のための管理情報と整備対象項目との連結方式等の全体構成について研究した。
(3) 処理及び提供方式の研究
a. データを提供する複数のシステムについて比較検討し、データセンター及びその他の提供機関のコンピュータ整備状況並びに他機関の事前調査結果等を参考にして提供システムの形態を研究した。
b. 提供システムが利用者に対し、円滑にデータ提供をするために必要となる管理機能、提供機能(検索・加工・表示等)の基本機能及びその概要について研究した。
c. 基本機能のうち、統合ファイル及び提供システムの管理機能について検討し、提供データの登録・更新・修正等の方式を研究した。
成果物 「海洋情報統合ファイルの研究」の報告書
備考