日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(12月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

海図作成の自動化に関する研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:4,375位 (19,313事業中)
成果物アクセス数:199
更新日 : 2019年12月7日

注目度とは?

団体名 日本水路協会
団体名ふりがな にほんすいろきょうかい
年度 1985年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥10,812,000
助成金額: ¥10,812,000
事業内容 (1) 海図編集サブシステムの研究
 海図データベースから海図数値情報の抽出、データ形式変換、修正及び編集処理の方式を研究した。
 海図数値情報の抽出条件は、抽出範囲を絞り、重なりデータの取捨選択が一括処理できる方式が最適であると決定した。
 データ形式変換は機能的に2分割し、大型電算処理及び小型電算処理に適する形式とした。
 修正及び編集処理は、一度に表示できる範囲で取扱うこととし、データの選択、修正及び編集を会話型で実行できる方式を決定した。
(2) 数値情報処理プログラム開発
 海図編集サブシステムの研究を受け、次の処理プログラム2種を開発し、試験的運用により所期の成果を得たことを確認した。
@ 数値情報抽出プログラム
 海図データベースより、数値化データ及び海図情報を指示により海図毎に抽出し、位置ファイルへ出力する。
A データ形式変換プログラム
 抽出済位置ファイルの座標変換及びメッシュの並び順の変換を行い、修正、編集用中間ファイルへ出力する。
(3) 編集処理プログラム開発
 海図編集サブシステムの研究を受け、次の処理プログラム2種を開発し、試験的運用により所期の成果を得たことを確認した。
@ 海図データ表示プログラム
 中間ファイルを入力し、グラフィックディスプレー上に表示し、拡大、縮小、範囲の指示、表示区域の移動ができる。
A 海図データ修正編集プログラム
 グラフィックディスプレー上の海図データについて任意の指示範位の切り出し、組合せ及びデータの修正ができ、結果を編集ファイルに登録できる。(2)(3)とも使用言語はFORTRAN及びCOBOL。使用電算機はACOS650及びMS135である。
成果物 「海図作成の自動化に関する研究」の報告書
備考