日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

認定・型式承認物件の品質の改善,向上に関する調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:5,130位 (19,302事業中)
成果物アクセス数:144
更新日 : 2019年11月9日

注目度とは?

団体名 日本船舶品質管理協会
団体名ふりがな にほんせんぱくひんしつかんりきょうかい
年度 1985年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥9,777,000
助成金額: ¥9,777,000
事業内容 (1) 材料の新利用技術の研究
(救命器具材料の耐候性に関する調査研究)
 本調査研究は、昭和58年度より5年計画で実施中のもので、本年度はその第3年目であり、実施内容は救命器具の主要材料であるFRP及びポリエチレン供試材についての暴露試験及び環境因子の測定並びに暴露2年経過後の物性試験の実施である。
@ 試験結果及びその検討
a. 暴露試験
 供試材の暴露試験は昭和59年度に引つづき、(株)日本ウエザリングテストセンター銚子暴露試験場で実施し、本年度は2年経過の供試材を回収した。また環境因子の測定は、環境因子測定記録装置等により気温、湿度、風雨紫外線、日射量、降水量、海塩粒子量、降下ばいじん、光化学オキシテント、いおう酸化物等の因子を測定し月刊記録としている。測定主要環境因子は次表のとおりである。
項目 最大又は最高 最小又は最低 備考
気温 最高平均(日) 気温
  8月  25.7℃ 最低平均(日) 気温
  1月   2.4℃ 昭和59年5月10日〜
60年5月10日
気温差 最大1月  11.0℃ 最少6月   5.1℃ 〃
降水時間 最大6月   時間
132.16 最少8月   時間
4.05 〃
降水量合計 最大6月   248mm 最少8月   6.5mm 〃
光化学オキシダント 最高     ppm
 60年4月 31,378 最少     ppm
 60年6月 16,750 〃
b. 物性試験
 本年度は上記暴露2年経過供試材についての物性試験を船舶艤装品研究所で実施した。試験の種類は外観試験、引張試験、圧縮試験、曲げ試験及び衝撃試験の5種類であり、その結果の概要は次表のとおりである。
救命器具材料の耐候性の(文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「認定・型式承認物件の品質の改善,向上に関する調査研究」の報告書
備考