日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(2月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

ポンプ浚渫船の自動化に関する調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:4,141位 (20,944事業中)
成果物アクセス数:317
更新日 : 2023年2月4日

注目度とは?

団体名 日本作業船協会
団体名ふりがな にほんさぎょうせんきょうかい
年度 1985年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥23,560,000
助成金額: ¥23,560,000
事業内容 (1) 自動浚渫制御システムのソフトウエアの設計
 熟練オペレータのノウハウを組込むとともに、管内流動土質検出装置、表層土質検出装置及び浚渫管理装置を包含した合理的な制御システムを開発するものである。
@ 運転制御のノウハウに関するアンケート調査
a. 浚渫運転における現象に応じて、オペレータがどのような操作を行っているかの量的実態を把握するため、主要浚渫会社7社を対象にしてアンケート調査を実施した。
b. 土質3種、排送距離2ケースにおける主要監視項目の目標値の偏差及び変化率の相対的大きさ並びに操作の優先順位などを集計表示し、ファジイ制御における制御規則を作成するための基礎資料を得た。
A ソフトウエアの設計
a. 掘りパターン自動運転は手動設定方式及び「ならい」運転方式とし、前者は浚渫区域が四角形の六面体で構成される場合に適用し、後者は海底地形などが不規則な場合にオペレータのトライアル運転にならって自動運転するものとし、これらの設定手法及び制御フローを作成した。
b. 揚土最大の自動制御では、上記のアンケート調査から熟練オペレータの経験を制御規則に組込むファジイ制御を適用することとし、プロセスの表現方法、制御対象に対する出力量の表現方法、ファジイ制御の方法等の概念を設定した。
c. 制御システムのハード構成を決定し、掘りパターン自動運転、揚土量最大自動運転、モニタ及びロギングの各サブシステムの機能及び相互関係を示すフローチャートを作成した。
(2) 管内流動土質検出装置の設計
 土砂スラリーが排砂管内を通過する際の管壁振動等か (文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「ポンプ浚渫船の自動化に関する調査研究」の報告書
備考    

  • サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログがスタート!

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
Copyright(C)The Nippon Foundation

痛みも、希望も、未来も、共に。