日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

海洋および極地工学に関する国際シンポジウムの開催準備

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:6,952位 (19,275事業中)
成果物アクセス数:84
更新日 : 2019年9月14日

注目度とは?

団体名 日本船舶海洋工学会
団体名ふりがな にほんせんぱくかいようこうがくかい
年度 1985年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥7,700,000
助成金額: ¥7,700,000
事業内容 本シンポジウムは、米国で毎年開催されてきた国際シンポジウムの第5回目であり、その連続性から米国機械学会と密接に連絡をとりつつ準備作業をすすめてきた。
 本年度はシンポジウム開催前年の準備事業であるので、委員会等を開催して諸企画の最終調整およびプロシーディングス(論文集)の印刷を行った。
(1) 会議の時期、場所、主要テーマ等全体的企画
 会議の開催場所を京王プラザ・ホテル、開催時期を4月13日(日)から17日(木)と決定し、18日(金)をテクニカル・ツァーとした。
 応募論文を原稿により厳選し、プロシーディングスに掲載する論文数を368篇とし、6会場で発表することとした。その内容は大きく次の4テーマに分類され、53セッションに細分される。
@ 極地工学
A 海洋における力学と制御
B 海洋における応用技術
C 海洋エネルギーおよび資源
(2) 組織委員会・実行委員会および実行委員会幹事会の開催
 組織委員会を1回開催して方針を決定し、その下部機関として実行委員会を1回、実行委員会幹事会を13回開催した。
(3) 第一次プログラムの作成・印刷・発送
 東京における国際シンポジウムの開催趣旨、主要テーマ、発表論文名、時期等を示した第一次プログラムを1,000部作成し、関係方面に配布した。
(4) 発表論文の審査、論文集の作成
 約700件の応募論文を原稿の形で受取り、厳選に審査した結果、368篇を採択した。これを総頁数約2,800頁(4分冊)に編集・印刷・製本し、会議場で配布する準備を終えた。
(5) 会場の予約等会議開催のための諸準備
 国際会議運営の経験の深い業者として (文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「海洋および極地工学に関する国際シンポジウムの開催準備」の報告書
備考