日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

関西国際空港建設に伴う旅客交通体系のあり方に関する調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:7,214位 (19,279事業中)
成果物アクセス数:80
更新日 : 2019年9月21日

注目度とは?

団体名 関西交通経済研究センター
団体名ふりがな かんさいこうつうけいざいけんきゅうせんたー
年度 1985年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥8,010,000
助成金額: ¥8,010,000
事業内容 (1) 前年度調査結果の分析及び需要予測
@ 旅客等流動実態調査の資料をもとに、手段別データを作成し(各ゾーンからの費用、所要時間、乗換回数等)手段選出に関する分析をモデル式によって行った。
A 上記分析資料並びに関係資料によりゾーン別の発生集中量及び手段毎の需要量の予測を行った。
(2) 旅客交通プロジェクトの効用と収支採算性の検討
@ 圏域内における交通条件の現状を調査するとともに、前年度調査資料等をもとに各地別に輸送手段毎にサービス条件の検討を行った。
A 上記で検討した旅客交通体系のうち、整備が望ましい路線及びターミナル等について、アクセス交通の役割とその効用、地域開発効果等を整理して、事業の採算性、成立性及びその評価等を定量的に行った。
(3) 旅客交通体系試案の策定と問題点、解決方法の検討
@ 上記2で検討した旅客交通体系について利便性、事業の成立性、技術的可能性などの点からそれぞれの問題点を抽出した。
A 既往の事例、地域整備計画等からみて問題点の解決策を検討するとともに実現へ向けての課題を整理した。
(4) 空港建設に伴う交通体系のあり方
 以上各種の検討をもとに、旅客交通体系の将来像を段階的に提言するとともに整備、運用に当って留意すべき事項、今後の検討課題について委員会でとりまとめを行い、報告書を作成した。
(5) 報告書
A4版
配布先:運輸省、関係府県、市
成果物 「関西国際空港建設に伴う旅客交通体系のあり方に関する調査研究」の報告書
備考