日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(12月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

船舶の電気装備工事近代化に関する研究開発

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:5,819位 (18,849事業中)
成果物アクセス数:111
更新日 : 2018年12月8日

注目度とは?

団体名 日本船舶電装協会
団体名ふりがな にほんせんぱくでんそうきょうかい
年度 1984年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥2,285,000
助成金額: ¥2,285,000
事業内容 (1) 梯子式電路及びケーブルダクトの軽量化に関する研究開発
 従来のものより軽量化され、作業性のよい梯子式電路及びケーブルダクトを研究開発するため、委員会において決定した製作仕様にもとづいて供試品を試作した上、振動試験を行い、その実用性について調査研究した。
@ 供試品の製作
a. 梯子式電路(6個) 電路長さ ハンガ幅 ランナーバー 個数
1800mm


〃 

〃 


〃 

〃 


〃  400mm


200mm

400mm


200mm

400mm


200mm フラットバー方式
38mm×4.5mm



アングル方式
30mm×30mm×3mm



チャンネル方式
31mm×11mm×23mm

〃 1


1

1


1

1


1

b. ケーブルダクト(2個) ダクト長さ ダクト幅 板厚 個数
1800mm

〃  400mm

〃  1.6mm

1.2mm 1

1
A 試験研究の実施
 上記@の供試品の実用性についての試験研究を船舶艤装品研究所に依頼し実施した。
 なお、振動試験の実施にあたっては、前後4回にわたり当協会委員会委員及び職員が立会い試験の内容を確認した。
a. 実験場所  東京都東村山市(船舶艤装品研究所)
b. 実験日数  延8日(1日×8回)
c. 実験内容  共振試験、耐振試験
成果物 「船舶の電気装備工事近代化に関する研究開発」の報告書
備考