日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

船舶関係諸基準に関する調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:3,907位 (19,279事業中)
成果物アクセス数:249
更新日 : 2019年9月21日

注目度とは?

団体名 日本造船研究協会
団体名ふりがな にほんぞうせんけんきゅうきょうかい
年度 1984年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥217,660,000
助成金額: ¥217,660,000
事業内容 (1) 国際規則と船舶設計等との関連に関する調査研究
@ 国際規則と船舶設計等との関連調査
a. 国際規則に対するわが国の意見および提案資料の作成
 海上人命安全条約、国際満載喫水線条約、海洋汚染防止条約等に関連する国際海事機関(IMO)の海上安全委員会、海洋環境保護委員会、その他これらに関連する各小委員会の資料、それらに対する各国の提案およびコメント、各船級協会の資料等をもとに、検討を行い、わが国の意見および提案資料を作成した。
 検討事項の主なものは次のとおり。
1) RO/RO船を含む乾貨物船の区画復原性
2) 非損傷時復原性
3) 1966年満載喫水線条約の解釈および改正
4) 非タンカーに対する二重底の強制
5) 甲板積み船の復原性
6) MODUの着水基準
7) 船長に供与すべき非損傷時復原性資料
8) 1974年SOLAS条約改正第?V章(救命)の問題点
9) 将来の全地球的規模の海難救助システム(FGMDSS)の搭載要件
10) 衛星フロートフリーEPIRBの周波数
11) FGMDSSにおけるホーミング
12) FGMDSSの予備電源
13) 海難統計(救命)
14) タンカーの通気等の標準
15) ケミカルタンカーおよびガスキャリアに対するIGS
16) IGSを備えない油タンカーのガイドライン
17) 火災試験法
18) 燃料タンクの配置
19) 鋼と同等の材料
20) 持運び消火器の予備充填材とガイドライン
21) 火災海難報告
22) ハロゲン消火剤
23) 非常用消防ポンプの吸込み水頭
24) 乗艇場所附近の舷窓
25) 貨物ポンプ室
26) 表面材の火災安全性(着火性、毒性)
27) 火災制禦図
28) 一次甲板床張り材の着火試験方法(文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「船舶関係諸基準に関する調査研究」の報告書
備考