日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

波浪中の船体応答に関する研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:2,906位 (19,275事業中)
成果物アクセス数:502
更新日 : 2019年9月14日

注目度とは?

団体名 日本造船研究協会
団体名ふりがな にほんぞうせんけんきゅうきょうかい
年度 1984年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥4,700,000
助成金額: ¥4,700,000
事業内容 @ 波浪中の船体応答計算法の開発
 各担当場所(船研、東大、三菱長崎研、石播横浜技研)において既存基準プログラム(TSLAM)にならって、これまでの実験データーを折込み作成した各船体応答プログラム(?T〜?X)により、ばら積船、コンテナ船の同一船型を対象として同一計算条件で試計算を行い、それぞれのプログラムを用いて下記事項の検討を行った結果をとり入れて新プログラム(SRSLAM)を作成した。
(a) プログラム?T
 基準プログラム(TSLAM)に縦曲げモーメント、縦剪断力の計算法の改良及び軸力の影響
(b) プログラム?U
 青波打込みによる衝撃水圧の影響
(c) プログラム?V
 甲板上海水打ち込み現象の理論計算と計算プログラムのベースとなるストリップ法の相違の影響
(d) プログラム?W
 変断面梁としての船体振動モード計算結果とコンテナ船模型実験結果との比較
(e) プログラム?X
 船体の剪断変形、高次振動及び計算に用いる流体力係数の違いが、波浪中の船体応答の計算結果に及ぼす影響
A 研究成果の総合とりまとめ
昭和57年度以降の研究成果をとりまとめ、総合評価を行った。
a. 船舶の損傷解析にあたって、従来波浪中における船体の挙動は主として非線形運動を算定するための計算プログラムTSLAMによって解析されてきたが、このプログラムは必要最小限の機能しかもたず、一般的な問題の解決には不充分であった。したがって本年度においては、昨年度に引きつづいて、プログラムTSLAMの基礎の上に、より一般的なプログラムSRSLAMの開発を行い、これを完成した。さらに、有限要素法の立場からもプ (文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「波浪中の船体応答に関する研究」の報告書
備考