日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

地方自治行政等の調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:5,984位 (20,844事業中)
成果物アクセス数:168
更新日 : 2022年10月1日

注目度とは?

団体名 自治研修協会
団体名ふりがな じちけんしゅうきょうかい
年度 1984年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥17,992,000
助成金額: ¥17,992,000
事業内容 A 管理職の選抜(登用)及び養成に関する研究
1) 内容
@ 地方公共団体における管理職の昇任年齢、選抜養成の現状並びに求められる能力、資質等について調査分析した。
A 地方公共団体の昇任管理及び能力開発管理の現状及び問題点を実地調査し、今後の留意事項として把握した。
B 民間企業及び欧米諸国公務部門における管理職の選抜、養成に関する資料を収集、分析し我国との比較検討した。
C 我が国の地方公共団体の実態に適した管理職選抜、養成のあり方について研究し、提言をまとめた。
2) 方法
@ 研究を実施するための委員会の設置。
A 地方公共団体、民間企業に対するヒアリング調査及びアンケート調査
B 地方自治体における研修技法の開発研究
1) 内容
@ 昭和58年度に作成した「研修ニーズ診断プログラム」を実用化するため、多数の自治体でこのプログラムの有効性に関する調査改良を行い、マニュアル等を作成した。
A 昭和58年度に作成したゲームによる研修技法の改良、充実を図るために、いくつかの自治体において試用するとともに、研修技法に用いるための事例を追加作成した。
B 管理者向け研修技法として有効性の高いものを選び、多くの自治体管理者が必要とする訓練-目標管理、時間管理、情報管理、部下育成、対外交渉など-をねらいとした研修技法を作成した。
2) 方法
@ 研修機関関係者、学識経験者などから成る委員会を設置した。
A 自治体の管理者を対象に調査を行い、研修ニーズ診断プログラムの有効性を調べ改良した。
B いくつかの自治体でヒヤリングを行い、研修技法の中で使用(文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「地方自治行政等の調査研究」の報告書
備考    

  • サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログがスタート!

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
Copyright(C)The Nippon Foundation

痛みも、希望も、未来も、共に。