日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

海底面広域探査技術の研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:4,552位 (19,285事業中)
成果物アクセス数:181
更新日 : 2019年10月12日

注目度とは?

団体名 日本水路協会
団体名ふりがな にほんすいろきょうかい
年度 1983年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥8,954,000
助成金額: ¥8,954,000
事業内容 (1) 立体視手法の研究
@ 曳航方法の研究
 音響写真的立体画像を作成するための最も有効かつ効率的なデータ取得についての同方向立体視の場合、トウフイッシュの深度別による曳航方法を研究した。
A 画像・画質の最適補正方式の研究
 立体視表現のため画像・画質の最適な補正方式について昨年度実施した底質分類手法を発展させ45種の画質補正、画像強調の方法を考案して、そのうち比較的良好な5種による方式を研究した。
B 位置精度の研究
 計測時の精度に影響を及ぼす画素の位置精度の向上をはかるための誤差の消去法について航跡の函数表現と写真測量の原理に基づく標定との関係から共線条件式を用いて研究した。
C 立体視画像作成方法の研究
 立体視して高さが計測可能な画像を作成する方式について、写真測量による立体視の方法を導入することとし、地上座標とソナー座標系との関係と画像座標の変換による幾何歪の補正法及び誤差の起る要因について研究した。
D 総合プログラムの開発
 海底音響データから立体視可能な音響写真的画像を作成する総合プログラムを開発した。

(2) 海上実験
 センサーの曳航方式の確認と画像作成用海底音響データの収集のために海上実験を実施した。
成果物 「海底面広域探査技術の研究」の報告書
備考