日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(6月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

海難防止の周知宣伝

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:3,342位 (19,216事業中)
成果物アクセス数:357
更新日 : 2019年6月22日

注目度とは?

団体名 日本海難防止協会
団体名ふりがな にっぽんかいなんぼうしきょうかい
年度 1983年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥13,678,000
助成金額: ¥13,678,000
事業内容 1983年度(昭和58年度)事業

番 号: 97

事業名: 海難防止の周知宣伝 
団体名: 社団法人 日本海難防止協会


事業種:





1.事業内容:
(1) 海難防止講習会
@ 海難防止講習会(管理者向け)
 各地区ごとに船社運航管理者、海事、港湾関係会社幹部、漁協幹部、その他港湾管理者等、海事、港湾、水産関係の指導者層を対象に、次のとおり4個所(参加人員275名)において管理者向け海難防止講習会を開催した。
 本講習会は4人の講師がそれぞれ当協会が実施した調査研究の成果の発表、船舶の安全運航に関する法令の周知と励行、地域の海難の特性とその防止策及び地域の気象・海象の特性と海難防止策等安全に関する事項を講演し、さらに海難防止に関するスライド映画の上映、質疑応答の実施など、受講者の技術向上に資した。
1) 川崎
開催場所:東亜燃料工業(株)川崎工場4階講堂
主な対象:危険物取扱い企業とその関連会社、並びに海運関係会社の管理者、安全担当者
参加人員:103名
2) 名古屋
開催場所:出光興産(株)愛知製油所会議室
主な対象:危険物取扱責任者及び内航タンカー乗組員
参加人員:50名
3) 神戸
開催場所:兵庫県農業会館会議室
主な対象:海上工事関係船社及び曳船いかだ運航管理者・船舶乗組員
参加人員:40名
4) 下関
開催場所:みどり汽船(株)第一会議室
主な対象:危険物積載船、タンカー及び小型貨物船関係者並びに漁協等関係者
参加人員:82名
A 海難防止講習会(運航実務者向け)
 各地ごとに、旅客船、漁船、小型船、タンカー等の乗組員及びその船主、並びに海事関係者等の運(文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「海難防止の周知宣伝」の報告書
備考