日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

船舶の電気装備技術の向上に関する調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:6,028位 (18,838事業中)
成果物アクセス数:104
更新日 : 2018年11月10日

注目度とは?

団体名 日本船舶電装協会
団体名ふりがな にほんせんぱくでんそうきょうかい
年度 1983年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥9,996,000
助成金額: ¥9,996,000
事業内容 (1) 光ファイバーケーブルの船内装備工事に関する調査研究
 光ファイバーケーブルの船舶への採用に際して、光ファイバーケーブルの構造、物理的特性等に起因する装備工事上の諸問題及び装備工事方法について実船調査、実地調査を実施、委員会で検討、報告書を作成した。
@ 基礎調査
 光ファイバーケーブルの工事が施行されて就航している船舶及び造船所、メーカーにおいて、その実態を把握するため実船調査及び実地調査を実施した。
a. 実船調査
 光ファイバーケーブルを用いて光通信が行われている船舶を実際に訪船し、光通信システム、装備工事状態等を調査した。
イ. 調査場所  長崎(長崎港)
ロ. 調査内容  分岐接続方法、端末処理、布設形態、布設方法
ハ. 調査員   委員2名  職員1名
b. 実地調査
 次の7カ所において、光ファイバーケーブルの船舶への適用に際しての工事上の問題点について調査した。
調査員
実施年月日 調査場所 調査内容 委員 職員
昭和58年 7月21日 玉野
(三井造船)
〃  7月22日 今治
(来島どっく)
〃  7月27日 因島
(日立造船)
〃  8月25日 東京
(石川島播磨)
〃  9月 2日 長崎
(三菱重工)



各地共
1名



各地共
1名
〃  10月13日 東京
(電々公社) 2名 1名
〃  10月18日 東京
(富士通)
布設環境上の問題点
 (湿度、温度、振動、塩害、かび等)

新設・増設の問題点


信頼性、安全性、経済性


将来性 〃  〃 
(2) 省エネ軸発電機の電装工事に関する調査研究(文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「船舶の電気装備技術の向上に関する調査研究」の報告書
備考