日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(2月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

ポンプ浚渫船の自動化に関する調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:3,715位 (20,944事業中)
成果物アクセス数:393
更新日 : 2023年2月4日

注目度とは?

団体名 日本作業船協会
団体名ふりがな にほんさぎょうせんきょうかい
年度 1983年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥34,335,000
助成金額: ¥34,335,000
事業内容 @ 自動制御システムの総合検討
a. 国内外の自動化の現状調査
(a) 調査対象 昭和56〜57年度に収集した海外(特にオランダ)ならびに国内における自動化についての文献、資料等。
(b) 調査内容 イ. 海外の現状
制御方式としては、フィードバック方式と予め定めた設定範囲内に制御対象値を保持する方式があり、最近はカッタ軌跡演算表示装置が重要な役割を果たしている。
ロ. 我が国の現状
部分的な制御例が多い。総合的自動化は2例あり、ポンプ流量、吸入負圧、カッタ電流及び掘パターンを制御対象とし、スイング速度、ラダー昇降が自動的に操作される。
b. 浚渫作業及び運転制御に関する実情調査
(a) 調査対象 東洋、東亜、五洋、りんかい、三井不動産、若築、大本組の各建設会社。
(b) 調査内容 イ. 浚渫作業と運転制御の実施内容
主ポンプ、カッタモータ、スイングウィンチ、ラダーウィンチ等の制御における運転状況、運転方法、操作・監視、制御方式、問題点等。
ロ. 土質と排送距離の相違による運転時の概数
ポンプの圧力・流量・含泥率・回転数・負荷、カッタの回転数、負荷、スイングの速度・負荷、掘厚、沈澱現象等についての運転中の指示値。
ハ. 土質と排送距離の相違による制御方法の難易度イの各項目についての制御の難易度。
ニ. 制御対象に対する制御方法の適性度
ポンプの圧力、流量、含泥率等の増減を図る場合に、ポンプ回転数、カッタ回転数、スィング速度、ラダー昇降のうち最優先操作順位。
c. システムのイメージ作成
 上記各調査をもとに、本調査研究の開発対象システムは、海底表層土質、管 (文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「ポンプ浚渫船の自動化に関する調査研究」の報告書
備考    

  • サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログがスタート!

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
Copyright(C)The Nippon Foundation

痛みも、希望も、未来も、共に。