日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(3月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

造船関連工業における生産技術の近代化のための調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:4,050位 (18,935事業中)
成果物アクセス数:228
更新日 : 2019年3月9日

注目度とは?

団体名 日本舶用工業会
団体名ふりがな にほんはくようこうぎょうかい
年度 1983年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥8,608,000
助成金額: ¥8,608,000
事業内容 (1) 超近代化生産システムの調査研究
@ サンプル工場における超近代化生産システムの試設計
 57年度に実施したサンプル工場における自動化システム導入に必要な課題の検討に基づき、サンプル工場についてコンピューターによるシミュレーションモデルを作成して、超近代化生産システムの試設計を行った。
サンプル工場
○ 軸物加工(発電動機)……………………大洋電機・群馬工場
○ 箱物加工(ポンプ)………………………新興金属工業所・府中工場
○ 仕上組立加工(ディーゼルエンジン)…新潟鉄工所・新潟内燃機工場
A 現実的導入方法の具体化
 試設計をそのまま実際の工場に応用するには様々の困難が予想されるため、これに技術的、経済的評価を加えて、現実的な導入の方法をいくつかのパス・デザイン(Path Design)により調査研究を行った。
B 工場の自動化を図るための一般的指針の作成
 前述の調査研究結果をとりまとめ、今後企業が自動化システムの導入による超近代化生産システムヘの転換を図るために活用する次の内容を含む指針を作成した。
a. 造船関連工業近代化の方向
b. FMSのための要素技術開発動向
c. 一般製造業におけるFMS導入のケース
d. 造船関連工業におけるシステムの試設計
e. FMSシミュレータの開発
f. 産業用ロボットの導入
g. システム改善パスの選択
h. 今後の課題
(2) 生産技術の近代化への転換促進
@ モデル工場の選択
 57年度に実施した、生産技術の近代化転換課題の検討に基づき、早急に取上げるべき研究課題に適合するモデル工場を選択した。本年度は次の3工場について行 (文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「造船関連工業における生産技術の近代化のための調査研究」の報告書
備考