日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

海難防止の周知宣伝

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:4,077位 (19,279事業中)
成果物アクセス数:228
更新日 : 2019年9月21日

注目度とは?

団体名 日本海難防止協会
団体名ふりがな にっぽんかいなんぼうしきょうかい
年度 1982年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥13,394,000
助成金額: ¥13,394,000
事業内容 (1) 海難防止講習会
 各地区ごとに、漁船、小型船、旅客船、カーフェリー、タンカー等の乗組員、船主及び関係者を一括して集め、次のとおり10個所(参加人員840名)において海難防止講習会を開催した。講習会は4人の講師がそれぞれ船舶検査、海上保安、気象・海象、海難審判例等の見地から安全に関する事項を講演し、さらに海難防止に関するスライド映画の上映、質疑応答の実施など、受講者の技術向上に資した。
@ 厚岸地区海難防止講習会 (参加人員:100名)
A 気仙沼地区海難防止講習会(参加人員: 92名)
B 八丈島地区海難防止講習会(参加人員: 80名)
C 四日市地区海難防止講習会(参加人員: 70名)
D 大阪地区海難防止講習会 (参加人員:102名)
E 呉地区海難防止講習会  (参加人員: 70名)
F 若松地区海難防止講習会 (参加人員:121名)
G 新湊地区海難防止講習会 (参加人員: 73名)
H 玉名地区海難防止講習会 (参加人員: 54名)
I 平良地区海難防止講習会 (参加人員: 78名)
(2) 海難防止巡回講習会
 この講習会は、海難防止講習会に参加できない交通不便な沿岸の辺地で働く人々及びその家族等の関係者を対象にして、巡回車を利用し、海難防止に関する映画、スライドによる視聴覚面からの指導を主体として、次のとおり沿岸30地区120個所(参加人員5,283名)において実施した。
1) 羅臼地区巡回講習会 (参加人員:169名)
2) 函館地区巡回講習会 (参加入員:163名)
3) 留萌地区巡回講習会 (参加人員:160名)
4) 青森地区巡回講習会 (参加人員:177名)
5) 秋田地区巡回講習会 (参加人員: 68名)
(文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「海難防止の周知宣伝」の報告書
備考