日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

海洋油濁防止装置の性能評価基準に関する調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:4,228位 (19,279事業中)
成果物アクセス数:211
更新日 : 2019年9月21日

注目度とは?

団体名 日本造船研究協会
団体名ふりがな にほんぞうせんけんきゅうきょうかい
年度 1982年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥14,333,000
助成金額: ¥14,333,000
事業内容 (1) 軽質油及び重質油に対する油処理剤の効果確認試験
@ 使用水槽:屋外仮設水槽(6m×5m×0.8m)
1m角タンク
A 油処理剤:乳化分散剤(2種)
ゲル化剤 (2種)
集油剤  (3種)
B 試験条件:平水中
波浪中(放水攪拌、すのこ攪拌)
C 対象油 :灯油、自動車用ガソリン、B重油
D 調査・計測項目
○ 乳化分散剤:性状調査
油分濃度の測定
乳化状況の観察
○ ゲル化剤 :性状調査
ゲル化に要する時間
ゲル化油の重量、含水量(温度2条件)の測定
○ 集油剤  :性状調査
一定時間間隔毎の油層の観察および油層の面積
(2) 研究成果の総合とりまとめ
 8ケ年の研究成果を下記のとおりとりまとめた。
イ. 各種オイルフェンス(A型、B型、C型、D型)の性能試験
〇 オイルフェンスの滞油・漏油の機構
○ オイルフェンスの性能試験
○ 油層長さ、限界油層のフルード数の考え方
ロ. 油回収機の性能試験
○ 評価試験法・認定試験法
○ 作動原理模型(傾斜板式、せき式、吸引式)の油回収性能
○ 尺度影響に関する理論的考察
○ 米国における標準試験法
ハ. 油の性状
○ 原油、試験油、疑似油の性状
成果物 「海洋油濁防止装置の性能評価基準に関する調査研究」の報告書
備考