日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

阪神発着海上貨物流動動向予測と今後のあり方に関する調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:5,333位 (19,275事業中)
成果物アクセス数:133
更新日 : 2019年9月14日

注目度とは?

団体名 関西交通経済研究センター
団体名ふりがな かんさいこうつうけいざいけんきゅうせんたー
年度 1982年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥4,600,000
助成金額: ¥4,600,000
事業内容 @ 貨物地域間流動の現状調査
 港湾統計、内航統計等の資料に基づき阪神地区と西日本間における海上貨物の流動状況の推移と現状について調査した。
A 海上貨物流動動向等の調査
(1) 海上貨物流動並びに船舶稼動調査
イ 調査事項
 使用船舶の要目(トン数、船質、用途)、輸送の引受形態、積揚の状況(月日、港名、貨物名、輸送トン数、積揚場所等)
ロ 調査対象及び回収状況
阪神地区内航海運事業者及び使用船舶
184社  回収率
2,016隻   〃  休眠会社及び曳船専業者を除いてほぼ100%
ハ 調査方法
 予め調査説明会を開いて各事業者に所定の調査票を配布し、調査期間終了後郵便により回収した。
(2) 貨物流動動向調査
 阪神地区海運事業者10社ならびに主要荷主5社に対して貨物輸送の将来動向をヒアリング調査した。
B 港湾施設等調査
 阪神地区9港、四国・中国・九州地区21港について、主に内貿施設及び取扱貨物の概要を調査員のヒアリング調査ならびに資料により調査した。
C 海上貨物流動動向と今後の対応策
 運政審答申の昭和65年内航貨物の予測値を判断ベースとして本調査結果ならびに関係資料に基づきモデル式を使用して将来貨物量の推計予測を行うとともに、内航海運事業者の経理状況等を参考として今後の内航海運及びフェリー輸送の課題と対策について検討した。
成果物 「阪神発着海上貨物流動動向予測と今後のあり方に関する調査研究」の報告書
備考