日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

密閉型救命艇用主機の耐転倒性能試験法に関する研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:4,026位 (19,279事業中)
成果物アクセス数:234
更新日 : 2019年9月21日

注目度とは?

団体名 日本造船研究協会
団体名ふりがな にほんぞうせんけんきゅうきょうかい
年度 1981年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥11,300,000
助成金額: ¥11,300,000
事業内容 (1) 主機転倒試験
@ 主機転倒試験装置の製作
a. 装置仕様
寸法    全長   3,200mm
  全巾   1,600mm
  全高   2,445mm
  重量   4トン(乾燥重量)
供試体最大搭載重量  400Kg
形式    鋼材組立式水平軸360°回転、油圧および手動駆動方式。
回転方向  左右両方向可能
回転速度  2〜8rpm
速度制御  油圧による可変速度、可逆転方式。
制御装置  油圧および手動ブレーキによる制御。
b. 上記の性能確認試験
c. 装置の取扱い方法および保管要領書の作成
A 主機転倒試験
下記3機種について、IMCO試験案に準拠した試験を実施。
○ 久保田鉄工      MH1300形
○ ヤンマーディーゼル  3QMa形
〇 三井・ドイツ      SF 2L 912形
a. 試験
装置回転速度2、4、8rpmのシリーズ試験。
b. 計測項目
燃料油、潤滑油の機関からの漏洩量。
冷却水シリンダ出入力、潤滑油及び排気集合管の試験前後の各温度。
機関回転速度、潤滑油圧力。
機関の分解チェック。
(2) 主機耐転倒性能試験法の確立
上記転倒試験結果を解析し、試験方案を作成した。
成果物 「密閉型救命艇用主機の耐転倒性能試験法に関する研究」の報告書
備考