日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

船舶の防食防汚の性能と経済性向上に関する調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:2,118位 (19,279事業中)
成果物アクセス数:1,139
更新日 : 2019年9月21日

注目度とは?

団体名 日本造船研究協会
団体名ふりがな にほんぞうせんけんきゅうきょうかい
年度 1981年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥10,567,000
助成金額: ¥10,567,000
事業内容 (1) 長期防汚塗料評価法の確立
@ フローチャンネル装置に関する調査・試設計
 長期防汚塗料の塗膜劣化促進試験および摩擦抵抗試験を流動水中で行うためのフローチャンネル装置に関して、文献・要素技術の調査、設置場所の検討ならびに試設計。
A 促進試験条件の実験検討
 大形ロータリー試験および小形ロータリー試験による検討結果と実船試験結果と比較検討。
B 促進溶出試験法の実験検討
 小形ロータリー試験および海中浸漬試験により防汚剤溶出連度測定し、塗膜厚と溶出挙動確認。
C 実船試験
 試験船あめりか丸(現在おりえんと丸)のビルジキールに試験板取付、塗膜表面粗度の経済変化測定。
D 文献調査
 防汚剤の溶出機構、船底塗料の試験方法等、155編の文献調査、要約。
(2) 船体表面粗度と燃費節減に関する調査研究
@ 回転円筒による表面粗度と抵抗に関する調査
 回転円筒表面摩擦抵抗測定値の信頼性の確認実験および摩擦抵抗におよぼすスライムの影響を調査実験。
A 実船調査
 就航船8隻を調査対象船に選定し、うち6隻について入渠清水洗い後の船体表面粗度と全面ブラスト・塗料終了後の船体表面粗度を測定し、入渠前と出渠後の燃費データを比較し、船体表面粗度が燃費に及ぼす影響について調査、予備解析。
B 船体の自動表面粗度測定に関する基礎調査
 船体の自動表面粗度測定に必要な壁面移動装置に関する文献、特許、メーカ調査を行い、それらの装置を検討し、自動表面粗度測定用壁面走行車を試設計。
(3) 鋼材表面処理に関する研究
 塗装前鋼材表面処理基準(1975年)の見直し、改訂の (文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「船舶の防食防汚の性能と経済性向上に関する調査研究」の報告書
備考