日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

外航大型船における超粗悪燃料油使用に関する調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:1,935位 (19,275事業中)
成果物アクセス数:1,389
更新日 : 2019年9月14日

注目度とは?

団体名 日本造船研究協会
団体名ふりがな にほんぞうせんけんきゅうきょうかい
年度 1981年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥5,050,000
助成金額: ¥5,050,000
事業内容 (1) 外航大型船における超粗悪燃料油使用に関する調査研究
@ 超粗悪油対策の調査
a. 最近における外航大型船の燃料油性状と燃料油に起因すると思われる障害に関するアンケート調査及び調査結果の解析
 船主協会加盟201社600隻の外航大型船の燃料油性状と燃料油に起因すると思われる障害についてアンケート調査を実施。26社から、116件の障害例について回答あり。
 アンケート調査結果を解析し、ディーゼル機関、貯蔵タンク、移送ポンプ、清浄機、加熱器、ボイラ、排気缶、ストレーナー、燃料油配管等各機器に発生した障害と使用燃料油の性状、補油港、障害発生時の燃料油系の状況、助燃剤使用の有無等との因果関係を把握。
b. 船内燃料油関連機器及びディーゼル機関において、超粗悪燃料油により発生が予測される障害の調査
 舶用燃料油関連機器(移送ポンプ、清浄機、流量計、ブースタポンプ、加熱器、ストレーナー、スラッジポンプ等)、ディーゼル機関(2サイクル機関及び4サイクル機関)、ディーゼル主機周辺の燃料システム及びスラッジ処理システムにおいて、超粗悪燃料油により発生すると考えられる障害を機器メーカー、主機メーカー、造船会社等の設計、計画資料及び関係文献について調査し予測。
A 超粗悪燃料油使用のための実験研究
a. 燃料油の清浄に関する実験室実験
 供試燃料油10種(超粗悪燃料油6種、実船使用燃料油4種)について小型遠心分離機を用いてスラッジによる分離板汚損度(スラッジの流動性)と清浄効果に関しスラッジ分離実験。スラッジの流動率、分離率を計測。
b. タンク内、配管内の流動特性に関す(文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「外航大型船における超粗悪燃料油使用に関する調査研究」の報告書
備考