日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

科学振興のための研究啓発

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:6,653位 (19,290事業中)
成果物アクセス数:91
更新日 : 2019年10月19日

注目度とは?

団体名 日本科学協会
団体名ふりがな にほんかがくきょうかい
年度 1981年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥12,895,000
助成金額: ¥12,895,000
事業内容 イ. 専門学者講演会開催
@ ノーベル賞受賞者による講演会(21世紀をめざす講演会)
a. 開催場所  東京
b. 演題    科学技術と社会
c. 講師    江崎玲於奈博士
d. 来聴者   452名
e. 対象    学者、学生、ビジネスマン等
A 連続講演会   "よりよい環境づくりへの提言"
a. 開催場所  今市市(日光スギ並木300年の歴史とその保護)
府中市(府中馬場大門のケヤキ並木の現況)
b. 開催回数  2回
c. 講師人員  国内講師各回1人、計2人
d. 来聴者   605名
e. 対象    学生、ビジネスマン、一般等
ロ. 環境教育の推進研究
@ 研究項目  環境教育のためのアプローチ
A 研究内容  「これからの環境教育とはなにか-考え方のキーノート」をテーマにシンポジウムを開催
ハ. 自然に親しむ教育の推進研究
@ 研究項目  自然に親しむ会の実践と野外学習指導の養成
A 研究内容
a. 自然に親しむ会の実践
年7回、"自然を見るつどい"を開催参加者346名
b. 野外学習指導者の養成
野外学習指導者養成講座を開催
ニ. 生物研究
@ 研究項目
a. タロイモの食糧化研究(3年計画最終年次)
b. マメ科植物の活用研究(3年計画最終年次)
A 研究内容
a. タロイモの食糧化研究
○ 研究室実験:茎頂培養法の確立、栄養分析(動物実験含む)、細胞学的研究等。
○ 圃場実験:栽培条件比較、特性調査、系統維持等。
東京および近郊県圃場地、琉球列島圃場地
b. マメ科植物の活用研究
○研究室実験:成育による形態と特性調査、成分分析による特異な形質等の発見、利用特性、分類の (文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「科学振興のための研究啓発」の報告書
備考