日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(8月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

海洋汚染防止機器に関する調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:3,320位 (19,256事業中)
成果物アクセス数:365
更新日 : 2019年8月17日

注目度とは?

団体名 日本船舶品質管理協会
団体名ふりがな にほんせんぱくひんしつかんりきょうかい
年度 1980年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥1,106,000
助成金額: ¥1,106,000
事業内容 (1) 油水分離器
@ 「船舶の機関室に発生するビルジの性状」及び「舶用油水分離器点検・整備要領」の作成のための調査研究
A. 船舶の機関室に発生するビルジの性状
 油水分離器の開発、改善使用法及び保守等のための基礎資料として、昭和53年度及び54年度に当会において実施したビルジ性状の資料、並びに他の関係資料をもとに、調査検討し、まとめた。
B. 舶用油水分離器点検・整備要領
 定期的検査の実施に伴い、法定検査の円滑な運用に資するため、昭和53年度及び54年度に当会において実施した実態調査、経年劣化試験並びに他の関係資料をもとに調査検討し、要領としてまとめた。
(油水分離器委員会  3回)
(2) 排出油防除資材(オイルフェンス)
@ オイルフェンスの経年変化を調査するため、4種類を選び、新製時と性能を比較検討し、オイルフェンス保守点検要領を作成するための調査研究
A. オイルフェンスの経年変化試験
 オイルフェンス保守、点検要領作成の基礎資料として、代表的使用方法のものを4種類選び、使用・保管及び保守・点検等の状態を現地で調査した。
 調査先及び型式
a 堺市、ゼネラル石油(株)堺製造所 ブリヂストンPS-PT
b 横須賀市、海上災害防止センター横須賀基地
中村船具工業ナスコー 4EC
B. オイルフェンス保守・点検要領の作成
 緊急事に問題なく使用できるように、保守・点検するための要領を昭和54年度に当会で実施した調査資料及び上記Aの試験結果を参考にして作成した。
(排出油防除資材委員会(オイルフェンス)  3回)
成果物 「海洋汚染防止機器に関する調査研究」の報告書
備考