日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

船尾振動・騒音の軽減を目的としたプロペラ及び船尾形状の研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:2,131位 (19,279事業中)
成果物アクセス数:1,123
更新日 : 2019年9月21日

注目度とは?

団体名 日本造船研究協会
団体名ふりがな にほんぞうせんけんきゅうきょうかい
年度 1980年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥31,500,000
助成金額: ¥31,500,000
事業内容 船尾振動・騒音の軽減を目的としたプロペラ及び船尾形状の研究
(1) 実船伴流の計測
@ 各種伴流計測装置の調査
 ピトー管式、超音波式、レーザー式等の諸方式の原理、解析処理、性能、トラバーサー、付帯設備、工事、取扱性、実績、問題点等を調査し評価を行なった。その結果レーザー式を選定した。
A 海水・船体条件の調査
 実船で伴流計測を実施する際レーザー式を採用した場合の各種条件を調査した。
(2) プロペラフォース推定法の研究
@ プロペラ起振力推定法の調査
 プロペラ理論について在来の理論、ハイスキュープロペラヘの適用例等の調査、プロペラ理論改良の試みを行ない、キャビテーションの発生範囲およびボリュームの推定法については翼型のキャビテーションと理論、プロペラでのキャビテーションの発生範囲推定法、キャビティボリュームの推定法等の調査を行なった。
 また、ベアリングフォースの推定法について、実船計測および模型計測および模型実験、理論計算法、簡易計算法等を調べ、さらに、サーフェスフォース推定法についても同様の調査を行なった。
A 抵抗・自航試験及び伴流計測
A 模型船長さ:約6m(パラフィン製)
B 主要目:CB=0.604、L/B=4.5、B/d=3.4
C プロペラ:直径23cm、可変ピッチ、4翼
D 試験内容:抵抗・自航試験、伴流計測、プロペラ単独試験
試験状態:満載
B キャピテーション試験(不均一流中)
A 使用プロペラ:Aのプロペラ
B 試験方法:キャビテーション水槽内にワイヤメッシュによる不均一流を分布させて計測。
C 試験状態:キャビテーション係数1,926
プロペラ回転数2(文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「船尾振動・騒音の軽減を目的としたプロペラ及び船尾形状の研究」の報告書
備考