日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

船舶設計資料の作成に関する研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:2,971位 (19,279事業中)
成果物アクセス数:480
更新日 : 2019年9月21日

注目度とは?

団体名 日本造船研究協会
団体名ふりがな にほんぞうせんけんきゅうきょうかい
年度 1980年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥4,893,000
助成金額: ¥4,893,000
事業内容 (1) 船体構造部材の許容応力に関する研究のとりまとめ
@ 船体縦強度部材の許容応力の研究のとりまとめ
 就航中のタンカーおよびコンテナ船について積荷変動にもとづく静水中船体縦曲げ応力の統計量を調査し、その標準値を求めた。つぎに第134研究部会において実施した既存船23隻(タンカー、コンテナ船、バルクキャリヤ、貨物船)についての船体縦強度トータルシステム解析プログラムによる波浪変動応力の計算結果を整理し、就航期間中に発生すると予想される波浪変動についての基準値を求めた。さらに、縦曲げモーメントおよび水平曲げモーメントについての略算式を提案し、今後の設計に利用できるようにした。なお、本調査と平行して船体に作用する静水荷重分布の問題、波浪変動応力の長期予測ならびに数値計算誤差の問題の検討を行い船体縦強度部材許容応力算定の基礎資料を得た。
A 船体横強度部材の許容応力の研究のとりまとめ
 第134研究部会において実施されたタンカー4隻について船体横強度トータルシステム解析プログラムによる波浪中強度解析結果を整備し、就航期間中にトランスリングフェースプレートに発生すると予想される圧縮直応力の最大予測値を求めた。また、タンカー以外の船型として一般貨物船の横肋骨に生ずる応力を、平面骨組横強度トータルシステムを用いて解析した。
 なお、本調査と平行して、船体に作用する波浪変動水圧の問題として、航路別長期予測、速力低下との関連、設計波の考え方、設計値推定、ならびに外板損傷対策を検討し、船体横強度部材許容応力算定の基礎資料を得た。
(2) 肥厚船の推進性 (文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「船舶設計資料の作成に関する研究」の報告書
備考