日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

少人数運航船に関する研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:5,016位 (19,279事業中)
成果物アクセス数:148
更新日 : 2019年9月21日

注目度とは?

団体名 日本造船研究協会
団体名ふりがな にほんぞうせんけんきゅうきょうかい
年度 1979年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥1,109,000
助成金額: ¥1,109,000
事業内容 実施事項 実施内容 備考
小人数運航船に関する調査研究
1. 少人数運航船実現のために必要な機器・システムの調査

○ 船体関係機器・システムの要求
仕様の調査
 重要度・優先度の高い機器・システムとしてタグロープ自動索取離脱装置、甲板機械のローカル集中遠隔制御装置、係船索繰り出し装置、コンテナラッシングの省力化機器、ポンピング装置の自動化構成機器の信頼性向上、事務管理システムの6項目について要求機能を調査し、このうち、公的機関で開発すべき項目としてタグロープ自動索取り離脱装置及び係船索繰り出し装置の2項目を選定し、要求仕様を作成。
○ 機関関係機器・システムの要求
仕様の調査
 重要度・優先度の高い機器・システムとして、主機械最適運転制御の電算化、故障診断及び予防診断システムの採用、長期無開放機器の採用、空気圧縮機への信頼性向上及びメンテナンスフリー、油清浄機の信頼性向上とメンテナンスフリー、遠心式油清浄機の代替品の採用、管系の漏洩個所検知システム、スタンバイシーケンスの自動化の採用、センサーの精度向上と信頼性の向上、監視用計器の信頼性向上、交換が可能な自動化回路の使用及び故障個所発見の容易化、多能力乗組員の育成の12項目について開発の必要性を検討し、これ等のうち公的機関で開発すべき項目として、空気圧縮機のメンテナンスフリー及び信頼性向上、メンテナンスフリー油清浄機及び超粗悪燃料油清浄システムの2項目を選定し、要求仕様を作成。
○ 電気関係機器・システムの要求
仕様の調査
 重要度・優先度の高い機器・システム20項目より、船舶の(文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「少人数運航船に関する研究」の報告書
備考