日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(4月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 団体一覧 > 団体情報

根浜MIND

ねばままいんど

注目度注目度1

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:3,351位 (7,074団体中)
成果物アクセス数:12
更新日 : 2020年3月28日

注目度とは?

最終更新日:2019年3月25日  
団体紹介ページ
団体種別 一般社団法人  
郵便番号 −  
主要所在国 日本  
都道府県 岩手県  
市区町村 釜石市  
番地等 −  
代表者名 −  
代表者名ふりがな −  
電話番号 −  
Fax番号
e-mail −  
ホームページURL  
所轄省庁名  
設立年月日 2016/07/22  
定款または寄付行為にもとづく団体の目的と業務 次の事業を行うことにより交流人口の増加を目指し、地域の活性化と持続的な地域づくりに向けた活動を推進すると共に、人々の集う場、活動の拠点、関係する人々のネットワークづくりを進めることで、人材育成を図り、未来に向けて希望のある地域社会を創り出していくことを目的とする。
(1)防災意識の普及啓発及び学習プログラムの提供
(2)スポーツや芸術・文化を通じた交流機会の創出
(3)地域食材を活用した飲食事業や特産品開発など食産業の振興
(4)環境・自然に関わる地域資源を活用した交流人口及びインバウンドの増加のために必要な事業
(5)人々が集う場、活動の拠点づくり及び運営
(6)映像及びウェブ等の企画・制作・コンサルティング及び情報発信
(7)これらに関わる人材の育成と新たな雇用の場の提供
(8)これらに関わる団体、個人の相互の情報交換や活動の支援
(9)これらに関わる調査、研究、講演会、勉強会等の開催
(10)その他、当法人の目的を達成するために必要な事業
岩手県釜石市根浜・鵜住居地域の活性化と持続的な地域づくりに向けた活動を推進すると共に、人々の集う場、活動の拠点、関係する人々のネットワークづくりを進めることで、人材育成を図り、未来に向けて希望のある持続可能な地域社会を創り出していく。
■防災・減災への取り組み
(1)海の安全を守るための仕組み作り
特に崩壊しつつあった『海の安全を守る』ための仕組み作りは急務であり、すでに地域住民主体の活動を推進している英国ウェールズのボートレスキューについて学び、地域に根付かせるための取り組みを推進している。
(2)避難道整備
被災した旅館「宝来館」では震災当時、職員や宿泊客が裏山に逃げた。しかし車椅子ごと逃げられなかったことなどから、震災後に地域住民やボランティアとともにその裏山に「車椅子でも逃げられる避難道」づくりを開始した。
現在では山の反対側にRWC2019の開催地となるスタジアムが建設中であり、繋げることで観客の避難経路とするよう検討している。
■特産品開発・地域食材の活用
(1)オリジナルワイン製造のためのブドウ栽培
特産品として同地域にて育てたぶどうで作ったワイン作りに挑戦中。今年度は無事に収穫し、醸造行程に入っている。
(2)ハマボウフウの活用
また震災以前から植わっていた浜防風を活用した商品開発に地域住民とともに挑戦中。
■交流
(1)ツアーの受入
県内外からボランティアツアー・観光ツアーの受入を実施。
2017年度上半期で10件程度のツアーを受入。防災・減災啓蒙のための避難道作りプログラムや漁船体験等を提供。県内の中学高校及び県外の高校もフィールド学習として訪れている。
■スポーツ
スポーツを通じた交流機会の創出。
(1)ラグビーW杯2019とともに、トライアスロン、ヨット等、マリンスポーツの拠点としての活動。
■自然再生エネルギーを使用した資源循環型の地域づくり
(1)意見交換会の開催
実現に向けた地域住民および関係各所の意見交換会と実証実験
(2)地元企業の連携促進
(3)バイオマスを活用した地域作りにおける実現活用例の研究視察  
備考    

沿 革
−  
※団体の性格等により、一部の項目が表示されない場合があります。
■実施事業
※事業名に "(実施中)" と表示されているものは、現在実施中の事業です。
年度 事業 助成金額(円)
2019 東日本大震災被災地にて子どもと海をつなぎ“安心安全”を学ぶ海のサマースクール(海と日本2019) ¥16,000,000
合計 ¥16,000,000