日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 団体一覧 > 団体情報

tonari

わーく えにうぇあ

注目度注目度1

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:3,642位 (6,899団体中)
成果物アクセス数:8
更新日 : 2018年11月10日

注目度とは?

最終更新日:2018年7月27日  
団体紹介ページ
団体種別 一般社団法人  
郵便番号 −  
主要所在国 日本  
都道府県 東京都  
市区町村 渋谷区  
番地等 −  
代表者名 −  
代表者名ふりがな −  
電話番号 −  
Fax番号
e-mail −  
ホームページURL  
所轄省庁名  
設立年月日 2017/05/18  
定款または寄付行為にもとづく団体の目的と業務 一般社団法人WorkAnywhereは、リモートワークやサテライトオフィスでの仕事をより効率化するためのシステムの研究開発をとおして、「いつでも、どこにいても、働ける社会」を実現するために活動します。
労働環境の柔軟性という意味で、日本は世界の中でも後進国と言わざるを得ません。東京を中心とした過度な大都市化、片道1時間を超える長い通勤時間、東京一挙集中によって衰える地方経済は、住環境と労働環境にさまざまな悪影響を及ぼしています。世界経済フォーラムによると日本人の回答者の半数以上が未来の仕事のあり方を考える上で柔軟な労働環境の必要性を挙げたそうです。東京や大阪などの大都市に住む・住まないに関わらず、仕事の選択は平等であるべきです。故郷に住みながら、好きな仕事や高賃金な仕事につき、こども達や両親と意義のある時間を過ごすことは一部の恵まれた層の特権であるべきではありません。
私たちは時間と場所に縛られない柔軟な労働環境が、日本のみならず世界中の人々の生活と仕事への関わり方を根本的に変えていくと信じています。そして、その変化を加速するもっとも効率的な方法として、次世代のコミュニケーションツールや空間を擬似的につなぐ技術革新に注目しました。地方、大都市にかかわらず質の高い労働市場にアクセスできる未来、魅力的な地方都市の興隆、地価に始まる生活コストの減少、そして子どものいる母親、通勤が困難な障害者、高齢者などが無理なく働くことのできる未来は夢物語ではありません。
一般社団法人WorkAnywhereは遠隔チームや個人が、あたかも同じオフィスにいて席を隣り合わせにしているかのように働ける環境を作るため「CONTINUUM - コンティニュアム」と名付けたシステムを研究開発します。CONTINUUMは複数のツールが密に連携することで、遠隔地で働く際に生じるさまざまな摩擦や負荷を解消します。
概念実証実験にあたっては、既存のコワーキングスペースと連携しながら実用に向けた改善を重ねていきます。完成した技術を広く公開していくことで、スタートアップやその他の企業が、新しく地方オフィスを構えたり、リモートワークを推奨する流れが生まれることを期待します。また、コワーキングスペースに加えて、図書館、大学、市民センター、廃校になった小学校などもCONTINUUMによって繋げていくことでセクターを超えた相乗効果を狙います。  
備考    

沿 革
−  
※団体の性格等により、一部の項目が表示されない場合があります。
■実施事業
※事業名に "(実施中)" と表示されているものは、現在実施中の事業です。
年度 事業 助成金額(円)
2018 CONTINUUM:時間と場所に縛られない労働環境等の実現 (実施中) ¥50,000,000
2017 時間と場所に縛られない労働環境の実現 ¥5,000,000
合計 ¥55,000,000