日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(4月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 団体一覧 > 団体情報

若年認知症サポートセンター

じゃくねんにんちしょうさぽーとせんたー

注目度注目度1

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:2,732位 (7,074団体中)
成果物アクセス数:20
更新日 : 2020年3月28日

注目度とは?

最終更新日:2018年11月27日  
団体紹介ページ
団体種別 特定非営利活動法人  
郵便番号 −  
主要所在国 日本  
都道府県 東京都  
市区町村 新宿区  
番地等 −  
代表者名 −  
代表者名ふりがな −  
電話番号 −  
Fax番号
e-mail −  
ホームページURL http://jn-support.com/  
所轄省庁名 東京都  
設立年月日 2007/04/10  
定款または寄付行為にもとづく団体の目的と業務 本センターの目的は,若年認知症にかかわる医療・福祉・行政・NPO法人等関係者のネットワークをはかりながら,本人及び家族が尊厳を保ち,安心して暮らせる社会の実現を目指す。
若年認知症の本人並び家族,支援者に以下の事業を行っている。
1)家族設立支援・運営支援事業
〜業務として,電話相談,設立支援
2)家族会ネットワーク化支援事業
〜業務として,全国若年認知症家族・支援者団体連絡協議会
 全体会を毎年5月に開催。役員会を年2回開催。この連絡調整と会場確保,開催運営を行っている。
3)本人及び家族への支援生活事業〜業務として,ゆうゆうスタークラブの実施
 月1回開催。ボランティアの募集,管理を行い,本クラブの運営を行っている。本人へのミニデイと並行して,介護家族会を開催運営している。
4)支援者への人材育成・研修事業〜業務として,若年認知症専門員研修事業,若年認知症専門員フォローアップ研修事業,若年認知症基礎研修事業,老年精神医学講座研修事業
 若年認知症専門員研修,年1回(2日間×2回の研修プログラム)の企画,募集,当日の運営を行っている。フォローアップ事業は,年1回7月に開催。その企画,連絡調整,当日の運営を行っている。基礎研修事業は,年1回,3月に開催。企画,募集,当日の運営を行っている。老年精神医学講座は年1回開催。企画,募集,当日の運営を行っている。
 これらの講師は,基本的に当法人の理事がになっている。
5)調査研究・情報収集及び提供事業〜業務として,研究助成事業の獲得と実施
 毎年,いくつかの事業に助成応募をしている。過去の実績は,WAM,東京都からの助成。
 日本認知症ケア学会において,活動内容や研究事業内容を発表している。
6)若年認知症に関する普及啓発事業〜若年認知症公開講座事業
 年1回,7月に開催。企画,募集,当日の運営を行っている。
7)若年認知症に関する相談事業〜電話相談事業
 事務所の活動日(週3日間)に,電話相談を受けている。対象は,本人,家族,支援者,行政など。
8)その他目的を達成するために必要な事業〜外部機関からの講師依頼への対応など。
 外部機関からの若年認知症の研修要望がある場合に対押している。講師は理事が担当する。
 当法人のホームページで,活動状況の公開,若年認知症ケアに関する情報の提供を行っている。
 厚生労働省に対して,若年認知症施策に関する提言を行っている。  
備考    

沿 革
−  
※団体の性格等により、一部の項目が表示されない場合があります。
■実施事業
※事業名に "(実施中)" と表示されているものは、現在実施中の事業です。
年度 事業 助成金額(円)
2018 若年認知症家族会・支援者団体のネットワーク拡充及びフォーラムによる啓発 ¥2,600,000
2017 若年認知症家族、支援者団体のネットワークの拡充 ¥1,360,000
2017 全国若年認知症フォーラムの開催 ¥1,130,000
2016 若年認知症家族、支援者団体のネットワークの拡充 ¥2,400,000
合計 ¥7,490,000