日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 団体一覧 > 団体情報

フィッシャーマン・ジャパン

ふぃっしゃーまんじゃぱん

注目度注目度1

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:3,123位 (6,890団体中)
成果物アクセス数:12
更新日 : 2018年10月13日

注目度とは?

最終更新日:2017年4月4日  
団体紹介ページ
団体種別 一般社団法人  
郵便番号 −  
主要所在国 日本  
都道府県 宮城県  
市区町村 石巻市  
番地等 −  
代表者名 −  
代表者名ふりがな −  
電話番号 −  
Fax番号
e-mail −  
ホームページURL http://fishermanjapan.com/  
所轄省庁名  
設立年月日 2014/04/01  
定款または寄付行為にもとづく団体の目的と業務 当法人は、漁師の担い手育成に寄与することを目的とし、下記事業を営む 当法人は、前記の目的を達成するため次の事業を行う。
1.漁師による水産業の六次産業化に関する事業
2.水産物の販売
3.水産物のブランディング・販売促進活動
4.前記各号にかかる事務処理代行業務
5.水産物の販売代行業務
6.その他当法人の目的達成に必要な事業
4つの事業
1.最強チームによる直接販路開拓&共有
BtoBでは、各生産者の既存販路(百貨店、飲食店、スーパー等)を共有・大⼿商談会への参加(東京、大阪など)を通して新規販路拡⼤を目指す。BtoCではインターネットでの直接取引・「漁師ファンクラブ」を設立し、生産者の顔の見える関係づくりをしていく。
2.漁師が「丘に出る」イベント・催事
日本全国のお客さんと直接触れ合い商品の魅力をきちんと伝えて、商品に対する声を聞く。ファンクラブ向け、バイヤー向け、など様々な切り口で現地に訪れ、漁師・海の素晴らしさや海の幸の本当の美味 しさを知ってもらうブルーツーリズムを展開していく。
3.漁師にしかできない商品開発
漁師にしかできない、鮮度の高い高付加価値商品や、浜の人間しか知らない美味しい食べ方の提案、無駄な部位を価値に変える商品開発をしていく。
4.⽔産業のIT化を推進
EC(ネットショッピング)やCSA会員制度度などのB2C施策を展開していく。IT企業と連携し、⽔水産業のITビジネス化好事例例を作る。  
備考    

沿 革
−  
※団体の性格等により、一部の項目が表示されない場合があります。
■実施事業
※事業名に "(実施中)" と表示されているものは、現在実施中の事業です。
年度 事業 助成金額(円)
2017 漁師を通じて海と子どもをつなぐ漁業体験プログラム(海と日本2017) ¥5,186,000
合計 ¥5,186,000