日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 団体一覧 > 団体情報

助けあいジャパン

たすけあいじゃぱん

注目度注目度1

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:3,078位 (7,026団体中)
成果物アクセス数:14
更新日 : 2019年10月19日

注目度とは?

最終更新日:2017年12月18日  
団体紹介ページ
団体種別 一般社団法人  
郵便番号 −  
主要所在国 日本  
都道府県 東京都  
市区町村 港区  
番地等 −  
代表者名 −  
代表者名ふりがな −  
電話番号 −  
Fax番号
e-mail −  
ホームページURL http://corp.tasukeaijapan.jp/  
所轄省庁名  
設立年月日 2011/08/09  
定款または寄付行為にもとづく団体の目的と業務 助けあいジャパンは、「助けあい」の理念に立ち、震災や災害などを支援する方々をサポートし、
もって事故や災害の防止及び事故や災害後の復興を支援することを目的としています。
1)震災や災害等の情報の収集、分析及び発信事業
2)震災や災害等を支援する方々への支援に必要な情報提供事業
 東日本大震災3.11直後に発足し、官民情報連携で、正確な情報をわかりやすくWebサイト(tasukeaijapan.jp)を中心に情報発信する活動を継続的に続けています。
日本語PC向け、日本語ケータイ向け、英語PC向け。および、被災地からの現地ブロガーの報告サイト、震災関係応援アーカイブ「みんなのアクション」などの掲載・展開を行っています。
3)震災や災害後の関心の低下を防止するためのキャンペーン事業
 復興庁後援イベント2012年「この夏もボランティアに行こう」、2013年「東北に行ったよ。」を企画・運営。2013年度は全国47都道府県から合計2,000名の学生を東北に送るバスツアー“きっかけバス”の企画運営も開始。
 また、観光庁と協力し一般市民を被災地により多く気軽にボランティアに送り込む「ボラバス」の特集ページは特に広く認知されています。
4)その他、当法人の目的を達成するために必要な事業
 被災地の復興状況など、現地で何が起こっているのかを自ら取材し情報をインターネットを通じ動画・360°パノラマ写真・ブログで発信し続けています。
・H24年2月より宮城県との協働事業である「情報レンジャー@宮城」を受託 現地雇用5名
・H24年8月より福島県の緊急雇用事業である「ふるさとの絆電子回覧板」を受託 現地雇用18名
・H25年3月よりいわて未来づくり機構「いわて三陸 復興のかけ橋」事業 現地雇用11名  
備考    

沿 革
−  
※団体の性格等により、一部の項目が表示されない場合があります。
■実施事業
※事業名に "(実施中)" と表示されているものは、現在実施中の事業です。
年度 事業 助成金額(円)
2017 災害発生時の情報サイト及び平時の情報連携サイトの構築・運営 ¥6,030,000
2016 災害情報のポータルサイト構築と運営 ¥38,970,000
合計 ¥45,000,000