日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(12月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 団体一覧 > 団体情報

プラス・アーツ

ぷらすあーつ

注目度注目度1

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:1,594位 (6,707団体中)
成果物アクセス数:63
更新日 : 2017年12月16日

注目度とは?

最終更新日:2017年11月22日  
団体紹介ページ
団体種別 特定非営利活動法人  
郵便番号 −  
主要所在国 日本  
都道府県 兵庫県  
市区町村 神戸市  
番地等 −  
代表者名 −  
代表者名ふりがな −  
電話番号 −  
Fax番号
e-mail −  
ホームページURL http://www.plus-arts.net  
所轄省庁名  
設立年月日 2006/07/28  
定款または寄付行為にもとづく団体の目的と業務 この法人は、国内外の子どもたちを含めた市民の方たちに対して、教育、防災、まちづくり、福祉、環境、国際協力等の社会の既存の各分野におけるアート的な発想やアーティストの持つ既成概念にとらわれない創造力(これを総称して“アーツ”と呼ぶ)を導入した事業を行い、それらの分野がそれぞれ抱えているさまざまな課題や問題の解消と地域の活性化に寄与することを目的とする。
プラス・アーツ立ち上げのきっかけとなった「イザ!カエルキャラバン!」は、2005年4月から約半年かけて行われた兵庫県と神戸市が事務局を務める復興記念事業「震災から10年 神戸からの発信」のイベントとしてはじめて開催しました。プログラムを開発する際、最も重視したのが、「被災者へのリサーチ」でした。災害時に真に役に立つ知識や技、そして一番確かな情報は、被災者にしかないという確信から、有志の学生と一緒に被災者167名を対象としたヒアリングとアンケートを実施。こうしたリサーチをもとに阪神・淡路大震災を経験して得られた防災の知恵や知識、教訓を抽出し、様々な楽しく学べる防災プログラムや防災ゲームを開発しました。関係者へのリサーチを重視する姿勢は、プラス・アーツの活動方針として、東日本大震災をきっかけに取り組んでいるプログラムやゲームの開発にも継承されています。また、開発したプログラムの「かたち」に固執することなく、地域の文化や習慣、課題に合わせた、馴染みやすい「かたち」に変えることを奨励し、「地域での防災訓練の継続と自立」を支援。「自分たちはノウハウという“種”を蒔く役割、それを育てていくのは地域の役割」という姿勢で、活動の展開を推進しています。  
備考    

沿 革
−  
※団体の性格等により、一部の項目が表示されない場合があります。
■実施事業
※事業名に "(実施中)" と表示されているものは、現在実施中の事業です。
年度 事業 助成金額(円)
2017 「LIFE IS CREATIVE展」の開催 (実施中) ¥5,400,000
2016 明るく健やかな高齢社会の実現を探る「LIFE IS CREATIVE展」の開催 ¥11,060,000
2007 「地震体験ミュージアム展」被災体験サバイバルキャンプの開催 ¥880,000
合計 ¥17,340,000