日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 団体一覧 > 団体情報

狭山福祉会

さやまふくしかい

 

最終更新日:2018年8月9日  
団体紹介ページ
団体種別 社会福祉法人  
郵便番号 −  
主要所在国 日本  
都道府県 埼玉県  
市区町村 狭山市  
番地等 −  
代表者名 −  
代表者名ふりがな −  
電話番号 −  
Fax番号
e-mail −  
ホームページURL http://www.sayamaen.sakura.ne.jp/  
所轄省庁名  
設立年月日 1988/09/14  
定款または寄付行為にもとづく団体の目的と業務 社会福祉事業の主たる担い手としてふさわしい事業を確実、効果的かつ適正に行う為、自主的に経営基盤の強化を図ると共に、その提供する福祉サーヒ゛スの質の向上及び事業経営の透明性の確保を図る。施設と居宅に対する処遇目的を次の通り掲げる。【施設】(1)集団で生活する環境の中に家庭的な雰囲気を醸し出し、利用者の個性を尊重した生活全般に配慮する(2)利用者の心身の健康保持を徹底し、食事・排泄・入浴・娯楽に細心の注意を払う(3)心身機能の回復並びに維持を化学的に図る為、常に五感を刺激することで、真に生き甲斐に通じる生活の確保に努める(4)家族・縁故者等との連携を密にし、施設を拠り所として利用者に対する処遇の展開・充実を図る【居宅】(1)利用者個々の状況把握に努め、各種サーヒ゛スの連携をもって生活維持に努める(2)利用者固有のニース゛に応える(3)利用者を取り巻く環境・人的資源等の調整に努める。
【施設の開放】(1)施設の主な行事には地域住民を招き、相互の交流を深めるとともに施設への関心・理解を求める。(2)ホ゛ランティア・見学・実習等の受入れを積極的に行なう。(3)施設の設備・機能を地域住民の利用に供する。
【地域社会とのつながり】(1)地域住民に対し、施設を更に深く理解してもらうために、常に専門的な関わりを主に啓蒙する。(2)利用者及び近隣高齢者の閉鎖性を排するために、施設を媒体として相互のふれあいの機会を増やし、また公共機関や団体、あるいは地域自治会の主催する行事等には進んで参加する(3)随時「施設だより」等を発行して近隣に配布する。
【地域交流ホールの開放利用】(1)研修・自主学習会等の場として提供する。(2)利用者と地域住民等の交流を積極的に推進する場として活用する。  
備考    

沿 革
−  
※団体の性格等により、一部の項目が表示されない場合があります。
■実施事業
※事業名に "(実施中)" と表示されているものは、現在実施中の事業です。
年度 事業 助成金額(円)
2009 ヘルパー車の整備 ¥460,000
2007 介護支援車(昇降シート付き)の整備 ¥610,000
2007 介護支援車(昇降シート付き)の整備 ¥610,000
2007 車いす対応車(普通車)の整備 ¥1,450,000
2006 介護支援車(昇降シート付き)の整備 ¥670,000
2006 車いす対応車(普通車)の整備 ¥1,890,000
2004 車いす対応車(軽自動車)の整備 ¥840,000
2003 介護支援車の整備 ¥920,000
合計 ¥7,450,000