日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 団体一覧 > 団体情報

成寿会

せいじゅかい

 

最終更新日:2016年7月28日  
団体紹介ページ
団体種別 社会福祉法人  
郵便番号 −  
主要所在国 日本  
都道府県 広島県  
市区町村 呉市  
番地等 −  
代表者名 −  
代表者名ふりがな −  
電話番号 −  
Fax番号
e-mail −  
ホームページURL http://www.seijukai-welfare.jp/  
所轄省庁名 広島県  
設立年月日 1993/07/02  
定款または寄付行為にもとづく団体の目的と業務 当法人の目的は、それぞれの地域の高齢者およびその家族が安心して暮らせることを支援し、老人福祉の分野において地域のニーズを汲み取り、それにできる限り応えていくことです。
以下は、法人理念です。
利用者の方のこれまでの生活スタイルを尊重し、その人らしくあり続けるためのサービスを目指します。
在宅生活存続希望者の方には、充実したリハビリを提供し、これまでと同様の生活スタイルを続けながら早期在宅復帰のためのサービスを目指します。
 また、施設を地域に開放し、周辺地域と一体となった施設を目指します。
第1種社会福祉事業
 ・特別養護老人ホーム成寿園 定員84名
 ・ケアハウス成寿園 定員46名
第2種社会福祉事業
 ・デイサービスセンター成寿園 定員30名
 ・成寿園短期入所生活介護 定員10名
 ・成寿園指定訪問介護事業所
 ・地域相談センター成寿園
 ・デイサービスセンター豊浜 定員15名
 ・ホームヘルプサービス豊浜
 ・生活支援ハウス豊浜 定員10名
 ・グループホーム大浜 定員18名
 ・グループホーム田口 定員18名
 ・デイサービスセンター田口 定員15名
 ・グループホーム関前 定員18名
 ・デイサービスセンター高屋 定員20名
 ・認知症対応型デイサービスセンター小江 定員12名
 ・介護老人保健施設大浜 定員50名 同デイケア 定員40名
 ・短期入所生活介護高屋 定員10名
公益事業
 ・老人保健施設成寿園 定員70名 同デイケア 定員30名
 ・成寿園居宅介護支援事業所
 ・ケアセンター豊浜
 ・居宅介護支援事業所田口
 ・居宅介護支援事業所高屋
 ・居宅介護支援事業所ヒロ
 ・老人保健施設成寿園ユニット 定員20名
 ・介護付有料老人ホーム高屋の大地 定員44名 
※掲載順序は事業開設順  
備考    

沿 革
−  
※団体の性格等により、一部の項目が表示されない場合があります。
■実施事業
※事業名に "(実施中)" と表示されているものは、現在実施中の事業です。
年度 事業 助成金額(円)
2016 車いす対応車(軽自動車)の整備 ¥930,000
2015 車いす対応車(軽自動車)の整備 ¥850,000
2014 ヘルパー車の整備 ¥450,000
2014 車いす対応車(軽自動車)の整備 ¥870,000
2010 ヘルパー車の整備 ¥530,000
2010 送迎車(普通車)の整備 ¥1,490,000
2008 車いす対応車(普通車)の整備 ¥1,770,000
2006 車いす対応車(軽自動車)の整備 ¥760,000
2006 車いす対応車(軽自動車)の整備 ¥790,000
2006 車いす対応車(軽自動車)の整備 ¥810,000
2006 車いす対応車(軽自動車)の整備 ¥860,000
2006 車いす対応車(軽自動車)の整備 ¥780,000
2006 車いす対応車(普通車)の整備 ¥2,070,000
2006 送迎車(補助ステップ付き)の整備 ¥1,180,000
2004 送迎支援車の整備 ¥800,000
2003 介護支援車の整備 ¥920,000
2003 車いす対応車(軽自動車)の整備 ¥1,020,000
2003 車いす対応車(普通車)の整備 ¥2,200,000
合計 ¥19,080,000

  • サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログがスタート!

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
Copyright(C)The Nippon Foundation

痛みも、希望も、未来も、共に。